ソーシャルレンディングで資金調達

ソーシャルレンディング

インターネットを通した新しい発想のビジネスも、次々に生まれ始めてきています。時代に取り残されたくないあなたに是非知っておいて欲しいキーワードがソーシャルレンディングです。ソーシャルレンディングを正しく知ると、ビジネスがもっと面白くなりますよ。

ソーシャルレンディングの意味とは

ソーシャルレンディングとは「今すぐお金を借りたい人」と「今すぐお金を貸してあげたい人」をインターネット上で結びつける、新たなネットビジネスを指しています。主に投資したい個人と資金繰りに悩む中小企業が結びつくケースが多く、その仲介をおこなうのがソーシャルレンディングの事業者です。他のツールに比べてスピーディに、そして安く資金をやり取りすることができるウリがあります。

ソーシャルレンディングの由来

ソーシャルレンディングの事業は、2000年代初めにイギリスで生まれました。当初のソーシャルレンディングは現代のような個人と企業を結ぶものではなく、あくまで「お金を借りたい個人」と「資金を貸したい個人」を繋ぐためのツール。このやり口にうまみを感じたアメリカの金融機関がソーシャルレンディングを取り入れ、この手法は世界中に広まるようになりました。今では多くの中小企業が利用する、ひとつの金融手段になっています。

ソーシャルレンディングの文章・例文

例文1.ソーシャルレンディング投資をおこない、まとまった利益を手に入れることができた
例文2.ソーシャルレンディングの利回りは、どのくらいですか?
例文3.ソーシャルレンディング業者に1万円の投資をおこなった
例文4.資金を有効活用したいなら、ソーシャルレンディングがねらい目だよ
例文5.個人投資家の間でブームとなっているのが、流行りのソーシャルレンディングだ
ネット利用者の増加とともに、手を出しやすいソーシャルレンディングへの脚光があつまっています。小口融資ができるソーシャルレンディングですが、事業者選びを慎重におこなうなどの注意が必要です。

ソーシャルレンディングの会話例

  • 質問者アイコン

    個人的に融資を受けたいな…

  • 回答者アイコン

    それなら、ソーシャルレンディングで個人的に融資を受けてみたら?

  • 質問者アイコン

    ソーシャルレンディングか…あまりとりあえずやってみるよ。

  • 回答者アイコン

    しっかりソーシャルレンディングについて調べてからやったほうがいいわよ。

ソーシャルレンディングを利用したいと思うほど、この言葉の意味について知らなくてはなりません。個人での融資はメリットもありデメリットもあるので、その双方の部分をきちんと受け止めることが重要になります。

ソーシャルレンディングの類義語

ソーシャルレンディングの関連語として、「クラウドファンディング」があります。クラウドファンディングの場合、新しい研究やサービスを作りたい人がインターネット上で資金を募り支援者を募集します。分配金があり投資としてのステータスが強いソーシャルレンディングとは、少し中身が異なるので注意しましょう。

ソーシャルレンディングまとめ

ネット時代の最新ビジネスといわれるのが、ソーシャルレンディングです。個人と中小企業の経営者を、ネット上で結び付ける融資システムです。ソーシャルレンディングの仲介をおこなう事業者は増えてきています。投資をおこなう際は万が一のリスクも知り、安全な業者を選ぶことも大切です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事