ソーシャルライクはSNSの反応を見てビジネスの方向性を決める一連の動きを指しています。

ソーシャルライク(social like)

メディアを発信する人たちが良く使用するのが「ソーシャルライク」という言葉です。何となく分かるようで、きっちり説明しづらい言葉ですが一体どのような意味があるのでしょうか。このネット社会において、説明できないと恥ずかしい思いをするかもしれません。そうならないためにも、その言葉の意味をみていきましょう。

ソーシャルライクの意味とは

ソーシャルライクには、SNSよりの・ソーシャルメディアを意識した…という意味が込められています。Twitterやフェイスブック、ミクシィなどのSNSにアップされている世論の意見を踏まえて、ビジネスをおこなう・方向性を改めるという意味が入っています。

ソーシャルライクの由来

ソーシャルライクは日本のマスコミの間で、自然と使用頻度が高まった言葉です。以前は視聴率の動きだけを気にしていれば良かったTV業界でも、最新のTwitterなどSNSの反応を見て、シナリオを書き替える動きが現れ始めています。そうした動きを見て、マスコミ関係者の間で用いられるようになったのがソーシャルライクという言葉です。

ソーシャルライクの文章・例文

例文1.ソーシャルライクの立場から、コメントを述べさせて頂きます。
例文2.ソーシャルライク目線で、コンテンツを組み立てた。
例文3.ソーシャルライクを気にするあまり、脚本がつまらなくなった。
例文4.現代社会とソーシャルライクは切っても切れない関係だ。
例文5.ソーシャルライクはビジネスの商機だと思っています。
リアルに世の中の声を映し出す、SNS。ネットが発達していく今、ソーシャルライクの概念は切り捨てられない価値観なのかもしれません。

ソーシャルライクの会話例

  • 質問者アイコン

    先週のドラマ見た?Twitterとかで話題になってるドラマなんだけど。

  • 回答者アイコン

    うん、話題のあれだよね。見た見た。

  • 質問者アイコン

    前回の方が面白くなかった?イマイチだったよね。

  • 回答者アイコン

    制作人がソーシャルライクなのかもね。

話題のドラマについて語り合っている女子大生2人組。最近では炎上を恐れるあまり、ソーシャルライクを気にする制作スタッフが増えているようです。

ソーシャルライクの類義語

ソーシャルライクと似た言葉に、「SNSマーケティング」「Twitterマーケティング」などがあります。

ソーシャルライクまとめ

ソーシャルライクはSNSの反応を見て、ビジネスの方向性を決める一連の動きを指しています。この動きが良いものか悪いものなのかは一概に言えません。ですが、ネット社会が浸透していく中、SNSの発言力は企業にとって重要なものに進化しています。この社会全体の動きに取り残されず、踊らされないように気を付けていきたいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事