ソブリン債

社債を始めとする債権には、色々な種類があります。このソブリン債もその中の1つですが、その発行元に最大の特徴があります。

ソブリン債の意味とは

ソブリン債とは、各国の政府や政府機関が発行する債券の総称です。日本には「国債」という国が発行する債券がありますが、もちろんこれもソブリン債の1つとなります。
日本の国債は、原則的に元本が保証されていますが、他国の国債にはそうではないものもあるので、購入の際には注意が必要です。発行元がその国の政府や政府機関だとしても、元本を下回ってしまうリスクのあるソブリン債も存在するのです。
元本が保証されていないソブリン債は、その代わりに利回りが高く設定されています。日本の国債は、10年満期のものでも高くて年率0.1%程度の金利(2018年現在)ですが、アイスランドの国債は、何と5%以上も付けています。しかし、基本的にこの金利が高いほど、元本割れのリスクも高いと考えてください。

ソブリン債の由来

ソブリン債の由来は、ソブリンという言葉に”王”や”君主”という意味があることからです。そのような対象に近い政府などが発行する債券なので、この名前が付いています。
つまり、”各国の発行する国債”を表現する言葉ですが、あまりにリスクの高い(主に発展途上国の)国債は、これには含めないケースがあります。この言葉で呼ばれる国債は、それなりに信用が伴っていないといけません。

ソブリン債の文章・例文

例文1.投資をするなら堅いソブリン債を選ぶのが一番だ
例文2.ソブリン債の安定度はとても魅力だが、さすがに金利が低過ぎる
例文3.元本保証のないソブリン債なんか購入して大丈夫なの?
例文4.ソブリン債がそこまで買い手にとって有利な債権だとは思わない
例文5.次は外国のソブリン債を狙ってみようと思っている
健康保険や公的年金、各種の保険で集められた掛け金は、色々なソブリン債に投資されている(それによって利益を出そうとしている)ケースがほとんどです。その為、一時的には目減りしてしまうこともありますが、極力利益が出せるように運用されています。

ソブリン債の類義語

このソブリン債は、各国の国債をまとめた総称なので、類義語はそのまま「国債」です。日本以外の国債のことを「外国債」と呼び、それと区別しています。各国の国債には世界的な格付けがされており、それが高いほど安心感があり、利益率も高いと考えてください。(それらを総合的に、第三者的な立場から見た判断です)
日本の国債は、2018年現在、世界で30位前後という位置付けです。安心感こそ評価されているものの、金利が低いことがネックで、高い順位にはランクされていません。

ソブリン債まとめ

ソブリン債はその発行元から、あらゆる投資対象の中でも堅いと考えていいでしょう。しかし、金利だけで選んでしまうとリスクが高くなる為、購入の前に、先の世界の国債格付けを是非参考にしてください。

この記事を読んでいる人に人気の記事