ソフレと添い寝する

ソフレ

男女の関係というものは時に面倒なことになりやすく、周りから理解され難い関係がある人もいます。近年では、若者が恋愛離れしていることを懸念されています。草食男子が増えたこともありますが、経済的な問題や面倒臭いが上にきてしまっているのも現状です。しかし、多くの人はどこか寂しさに飢えているのです。そこで性的な関係まで持たないオープンな関係であるが、体の密着度が高い異性の友達を持つ人が多くなってきています。〜フレンドと言い略して「○フレ」と呼ばれています。一番、わかりやすい例だと肉体関係を持つだけのセックスフレンドの略語として「セフレ」が代表的です。今回はソフレについてご紹介していきます。

ソフレの意味とは

ソフレは添い寝フレンドの略語であり、性的な関係は持たないが一緒のベッドで寝る関係であるという男女を示しています。もちろん友達なので付き合うことはありませんが、お互いに恋人がいなければ通過点になることもあるようです。ソフレとは異性に対して使う言葉なので、同性で添い寝をする場合にはソフレと呼びません。ソフレは恋人のように気を遣う必要がなく、つい抱き枕が欲しくなるような人肌恋しい時にだけ一緒に居れば良いという手軽さもメリットのひとつです。

ソフレの由来

繁華街で添い寝屋や添い寝カフェ、添い寝をサービスにしている店舗を見かけたことはないでしょうか。お客さんがお金を払って、女の子に同じ布団で添い寝をしてもらい癒しの時間を楽しむ、ドキドキ感を味わうというコンセプトの店舗です。しかし、男性にとっては中途半端なサービスで需要はさほどないため、風俗店に比べると都内でも少数店舗です。一方で女性は性的サービスを求めている人が少ないことから、イケメンと一緒に添い寝ができるサービスが比較的多くあります。友達の場合でも男女でソフレへの価値観は異なるのかもしれません。何年か前まで存在しなかったサービスですが、このような店を題材とした漫画がきっかけで出来たと一説では言われています。

ソフレの文章・例文

例文1.いつも夜は寝られないがソフレがいると落ち着いて寝ることができる
例文2.ソフレの関係を持っていた人と気が合うので恋人になった
例文3.彼女を作るのは面倒臭いがソフレは欲しい
例文4.ネットで知り合った人とソフレになった
例文5.イケメンのソフレが居るとドキドキして寝られない

ソフレの類義語

男女の関係で密着度の高い友達を○フレと言いますが、ソフレよりも階級が低いものでハグのみの友達関係を「ハフレ」と言います。また、ソフレよりも密着度の高い、一緒にお風呂に入る関係を「オフレ」と言います。

ソフレまとめ

気兼ねなく身を預けることのできる友達がいることは、非常に大事なことですが、恋人がいる人とこのような関係を持つ場合には、密着することによって嫌がる相手のパートナーもいるので、周囲の気持ちも大切にしましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事