センチメント

センチメント(sentiment)は、直訳すると”感情”などの意味で、金融や投資用語として使われています。最近では、昨年大きなブームとなった仮想通貨で使用される事が度々増え、一部では話題となりました。
相場が急に大きく上昇や下落する際には、そこに人々の思惑が錯綜した結果の動きなので、必ずセンチメントが片方に強く働きかけた事になります。

センチメントの意味とは

投資を行うと、相場には様々な人々の心情心理が反映されている事に気が付かされます。上がると思うと下がり、下がると思えば上がる。また、大きく上昇しさらに上がると思えば、そこから急降下なども起こります。これらは、投資家間での騙し合いや、腹の探り合いが行われている故の出来事なのです。
センチメントは投資全般で使われますが、特に利用頻度が多く注目されたのは仮想通貨が影響しています。それは、株などはアメリカ市場や世界経済に影響される面も確かにありますが、実体経済が堅調なら株価も上昇するのがセオリーです。

しかし、仮想通貨の場合は、実体がないそれこそ”仮想”であり、市場参加者も一攫千金を狙う素人ばかりです。株なら配当や企業応援で持っている事もありますが、そんな思惑も一切なく、本当に感情や心理だけで動いてしまうので、「センチメント」という言葉が注目を集めました。
そこから波及して、「センチメント分析」や「市場センチメント」などの言葉が重要視されるのも、仮想通貨の相場ならではとされています。

センチメントの由来

センチメントは感情などの意味となりますが、日本では特に金融や経済、投資用語として定着しています。相場が心理や感情で動く事を考慮して、2000年頃から広まったとされています。
その当時は当然仮想通貨はなく、FXなどで指標発表時に強気と弱気のどちらかを表す言葉としてセンチメントは用いられていました。相場の変動が激しいFXほど、センチメントという表現が的確だったようで、それが最近は仮想通貨で好まれて使われるようになったのです。

センチメントの文章・例文

例文1.チャートはセンチメントで結局は動く
例文2.センチメントの意味は市場心理や相場心理となる
例文3.世界経済はアメリカのセンチメントを特に気にする
例文4.FX相場も仮想通貨に負けないほどセンチメントが影響する
例文5.暴落や暴騰後のセンチメントはどのようなものか?
センチメントの文字数が多いので、心理を直接使った方が文章としても引き締まる気が若干しますが、そこは横文字を使った方が雰囲気が良いのでしょう。上記のような例文以外に、政治や音楽の歌詞などでも登場する事もあります。

センチメントの類義語

センチメントの類義語には、「フィーリング」「プラス感情」「ネガティブ」などの言葉が挙げられます。

センチメントまとめ

投資用語や金融用語として、最近は主に仮想通貨で用いられるのがセンチメントです。感情、投資心理などの意味が当て嵌まり、投資家がどのような気持ちとなっているか分析する際に、好まれて使われる表現です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事