このセクションを使う

セクション(section)

「セクション(section)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?何かのきっかけで1度は耳にしたことがあるという人は多いと思いますが、その言葉がどういう意味のものなのかわからないという人もいるでしょう。そこで、この「セクション」という言葉についてその意味を解説していきたいと思います。

セクションの意味

セクションという言葉には、実に様々な場面で使われるものとして意味が存在しています。
・仕切られた場所
・部品や部分
・新聞や雑誌の欄
・文章の段落、項 など
上記の言葉は英語での直訳した際の意味として用いられるものです。それ以外でもIT分野の専門用語として、「Wordソフトにおける文章内での書式設定を行う単位」や、音楽分野においては「楽器の系統別や曲の構成においての分け方、もしくは楽器グループのひとまとまり」といったような使い方をします。
ちなみに、「§」という記号もセクションという名前です。

セクションの由来

言葉の由来としては、英語の「section」からきているもので、「断片」や「仕切り」といったものが語源として用いられています。

セクションの文章・例文

例文1.このフロアのセクションには、こういう施設を入れようと思っている
例文2.明日の朝刊のこのセクションには、この記事を入れて欲しい
例文3.このセクションはどこのものだろう
例文4.セクションの内容をしっかりと把握しておく必要がある
例文5.この曲のこのセクションはどう表現しようか悩む
様々な場面において用いられるワードですが、大元の意味合いはどれも似た表現として用いています。

セクションの会話例

  • 質問者アイコン

    今建築中の商業施設に関してなんだけど、ちょっといいかな?

  • 回答者アイコン

    いいわよ。
    どうしたの?

  • 質問者アイコン

    この1階のセクションに関してなんだけど、子供向けの店をいくつか入れたほうがいいと思うんだけど、どうだろうか?

  • 回答者アイコン

    1階のセクションで子供を引きつけられるのは合理的ね。そうしましょう。

言葉が日常的に使われる職業もあるので、正しく意味を理解することが大切です。

セクションの類義語

セクションという言葉の類義語としてあげられるのは、「パーツ」や「パート」といった言葉になります。パートに関しては「パートタイマー」で用いられるパートとほぼ同じものになります。

セクションまとめ

セクションという言葉について解説をしてきました。幅広い用途がある言葉であるだけに、元となる意味は正しく理解して用いるようにしましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事