数学でセオリー通りに答えを導く様子。。

セオリー(theory)

セオリーは事柄を法則的、統一的に説明するために筋道をつけて組み当てたもののことです。物事を分かりやすく説明するには、相手が理解できるように体系的に話を進めることが大切です。でなければ、相手が完全に話を理解することができなかったり、間違った認識をさせてしまったりすることがあります。そのため、物事において正攻法という最適化された方法があります。そういったことを言い表す言葉としてセオリーというものがあります。今回はそんなセオリーについて由来や例文を交えて説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

セオリーの意味とは

セオリーの意味は事柄を法則的、統一的に説明するために筋道をつけて組み当てたもののことです。具体的にいうと理論や学説のことを意味する言葉です。

セオリーの由来

セオリーの由来は英単語の「theory」にあるとされています。「theory」には理論、理屈、学説などといった意味をもっています。そんなことからセオリーという言葉が使われるようになったと考えることができます。

セオリーの文章・例文

例文1.セオリー通りの解答方法をすれば減点されることはまずないだろう。
例文2.このゲームで勝つには、セオリーに従って手順を守ってすすめることが大切である。
例文3.セオリー通りでは、この先の相手には勝つことができないだろう。
例文4.寝る前には必ずホットミルクを飲むというのが彼のセオリーである。
例文5.セオリーを確立するために色々な方法を試す。
これらからセオリーは理論や学説のことを表す際に用いられることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

セオリーの会話例

  • 質問者アイコン

    この問題を解くにはセオリー通りに答えを導き出すのが一番だよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。昨日教わった方法で実際に解いてみたら見事に正解を導き出すことができたよ。

  • 質問者アイコン

    それは良いね。計算さえ間違えなければ正しい答えを導き出すことができるものね。

  • 回答者アイコン

    まだ一問しか解いていないから他の練習問題にもあたってみようと思うよ。

これは、問題をセオリー通りに解くべきだと話しているさまです。

セオリーの類義語

セオリーの類義語には、「定石」「公理」「王道を行く」などがあります。

セオリーまとめ

セオリー通りに行うということは物事を効率よく進めることができる場合が多いです。セオリー通りというのは最適化されている方法であることが多いからです。よくそのような方法を正攻法と言って表すこともあります。また、セオリーという言葉は色々な使われ方をするのでこれを機に知っておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事