科学に興味ある子を育てる

スーパーサイエンスハイスクール

お子さんの進路について考えていくとき、どんな教育機関が地域にあるのか、正しく知っておくことも大切です。今回ご紹介するのは、お子さんの未来の可能性を広げてくれるスーパーサイエンスハイスクールについて。一体どのような制度なのか、一緒に見識を深めていきましょう。

スーパーサイエンスハイスクールの意味とは

スーパーサイエンスハイスクールは【SSH】と呼ばれ、文部科学省が理系の人材を増やすために作った制度のことを示しています。これから需要が高まるであろう科学やテクノロジー分野で活躍する子どもたちを、応援したいとの想いから設立されました。現在では全国約200校の学校が指定され、研究者を交えたカリキュラム作りが進められています。

スーパーサイエンスハイスクールの由来

スーパーサイエンスハイスクールが生まれたのは、平成14年度からです。国語や社会など従来の画一的なカリキュラムに捉われるのではなく、理科や算数を中心にした理系中心の学校がもっと増えてもいいのではないか…という理系有識者の意見をふまえて、このような制度が導入されるようになりました。スーパーサイエンスハイスクールは高校もしくは中高一貫の学校が対象になります。スーパーサイエンスハイスクールの認可を受けると、専門講師の授業料やテキスト代の一部を国が援助してくれるため、認可を受けたい学校は年々増えています。

スーパーサイエンスハイスクールの文章・例文

例文1.スーパーサイエンスハイスクールの申請には、次の条件が必要になります
例文2.高度な学習をしたいのなら、スーパーサイエンスハイスクールがおすすめだよ
例文3.第一志望のスーパーサイエンスハイスクールに、無事合格することができました。
例文4.スーパーサイエンスハイスクール出身の子どもたちが、未来の日本を支えるといっても過言ではないだろう
例文5.学生時代は地元のスーパーサイエンスハイスクールで、教養を深めました
理系離れが深刻といわれる今、科学や宇宙に興味をもつ子どもたちもジワジワ増えています。スーパーサイエンスハイスクールの取り組みが、理系離れをストップさせることができるのか、今後も継続した活動が求められます。

スーパーサイエンスハイスクールの類義語

スーパーサイエンスハイスクールの関連語が、中高一貫校です。1999年に文部科学省が教育法を見直したため、従来にないスタイルの中高一貫校が生まれるようになりました。3年と3年で無理に分けなくても良いため、トータル6年間にバランスのよい授業を組み込めることができるメリットがあります。また最近では「スーパーグローバルスクール」というのも指定がされています。

スーパーサイエンスハイスクールまとめ

スーパーサイエンスハイスクールとは、文部科学省が推進している「科学技術分野の人材を増やすための制度」のことです。認定を受けることができるのは中高一貫のスクールもしくは高等学校です。
理科と数学を主に重視している学校に与えられる名目で、認定がおりると研修や教材の一部を国からサポートしてもらうことができます。理数系を狙っているお子さんであれば、ぜひ一度はチェックしておきたい学校です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事