国際人になる為の教育

スーパーグローバルハイスクール

小学生や中学生を持つパパやママにとって、知っておきたいのが最近の教育課程についてです。保護者の方たちがお子さんだった頃と比べて、大きく変わっている教育の世界。今回は「スーパーグローバルハイスクール」について、ご紹介していきたいと思います。知識の幅を広げて、お子さんの進路を考えるキッカケにしてみてくださいね。

スーパーグローバルハイスクールの意味とは

スーパーグローバルハイスクールは【SGH】と略されて呼ばれることもあります。文部科学省が国際分野で活躍できる、グローバル人材を育てるために作った制度です。指定校の認可を受けるためには、高等学校であること・コミュニケーションに特化した独自のカリキュラムがあることなど…いくつかの条件があります。指定校の期間は、5年と決められています。

スーパーグローバルハイスクールの由来

スーパーグローバルハイスクールという制度が生まれたのは、2014年度のこと。私立と公立問わずに、毎年多くの高校が認可を受けています。スーパーグローバルハイスクールの指定校になると、1,600万円までのサポート金を受け取ることができます。世界を目指した農業分野の研究や、世界の人々を魅了する一流アーティストの育成など、その学校独自のユニークなカリキュラムが注目を集めています。

スーパーグローバルハイスクールの文章・例文

例文1.昨年スーパーグローバルハイスクールに指定された高校、評判がいいみたいだよ。
例文2.当校はスーパーグローバルハイスクールとして、ヒアリング学習に力を入れています。
例文3.スーパーグローバルハイスクールと提携をおこないながら、研究を進めた。
例文4.スーパーグローバルハイスクールが主催するセミナーを拝聴してきました。
例文5.自宅から一番近いスーパーグローバルハイスクールはどこにありますか。
始まったばかりの、スーパーグローバルハイスクール制度。高校生の視野を広げる新たな研究やセミナーが、スーパーグローバルハイスクールでおこなわれています。その内容は各学校によって大きく異なるため、まずは各学校の公式サイトをのぞくなど活動内容に目をとおしておくことも大切です。

スーパーグローバルハイスクールの類義語

スーパーグローバルハイスクールの類義語として「スーパーグローバルハイスクール・アソシエイト」があります。SGHアソシエイトは指定校に応募する意思がありながら、条件がかみあわずに落選してしまった学校をさしています。SGHの認可は5年と決まっているため、今後アソシエイトの学校がSGHに返り咲く可能性ももちろんあります。また科学や数学に力を入れた「スーパーサイエンスハイスクール」も関連語と言えるでしょう。

スーパーグローバルハイスクールまとめ

スーパーグローバルハイスクールは文部科学省によって定められた、グローバルな人材を育成していくための制度です。認可を受けた高校は国から、多額なサポート金を得ることができます。スーパーグローバルハイスクールの期間は5年と決まっていて、各学校の取り組みもそれぞれ大きく異なっているため、受験する前には各学校の最新情報を仕入れておくことがおすすめです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事