スマートシティ(smart city)

スマートシティとは「IT技術を用いて生活している人の利便性や快適性の向上を目指す都市」を指します。インターネットが急速に発展し、暮らしにもネットワークが導入され、より快適な生活を送れるようになってきました。スマートシティはそういったネットワーク技術を用いることで、現在利用しているインフラ設備やサービスをより良いものとして、そこに住む人の生活の質を高めることを目標とした都市をスマートシティといいます。そういわれてもイメージがし辛いと思うので一つ例があるので紹介します。スマートごみ箱と呼ばれるものがあります。本来ごみの回収などは定期的に行われるものです。ですがごみ箱をインターネットで監視することで、ある一定のラインまでごみが溜まると通知がくるということが可能になります。そうすることで無駄な移動を無くし、効率的な回収ができます。そうやって街自体の利便性を高くすることを目指している都市です。

[adstext]
[ads]

スマートシティの意味とは

スマートシティは「IT技術を用いて生活している人の利便性や快適性の向上を目指す都市」を指します。最近は家の中で機械に対して呼びかけるだけで電気の調整ができたりと、インターネットを通して物の状態を変更することができるIoTが進んでいます。そのIoTを街でも生かした都市にすることを目標にしたのがスマートシティです。車に乗っている時、どこかに車を止めたいが近場のパーキングがどこにあるかもわからず、見つけたパーキングは満車だったという経験がある人もいるかもしれません。そのような時にスマートシティだと、どこにパーキングがあり、空車かどうかもすぐに確認することができます。そうすることで不満などなく、ストレスなく車の運転もできると思います。そうして暮らしを便利にしていくことを目標にしていくのが、スマートシティになります。

スマートシティの由来

スマートシティは英語の「smart city」が由来になっている言葉です。「smart」という英語は「最新の」「効率の良い」などの意味があります。「city」は「都市」という意味を持っています。そこから「先進的な都市」という目標にするということで「スマートシティ」になりました。昔は考えられなかったことかもしれませんが、今ではスマートフォンで部屋の電気を制御したり、スマートフォンが家のカギになるなどITの発達で便利になりました。そういった家でも便利な技術を街単位に考えればより便利な街となり、データなどで管理するため地球環境に悪いことをしていた場合は数値で管理することも可能になりました。ネットワーク技術を用いて環境と人との利便性の高い街を目指し、スマートシティが生まれました。

スマートシティの文章・例文

例文1.スマートシティが実現されていくのが楽しみだ。
例文2.ネットで管理するため、スマートシティでのセキュリティ精度も気になるところだ。
例文3.スマートシティのような所に住んでみたい。
例文4.昔ではスマートシティなんて考えられなかった。
例文5.スマートシティのように技術が発展してみんなが暮らしやすい世界が一番だ。
様々な「スマートシティ」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

スマートシティの会話例

  • 質問者アイコン

    IT技術ってめちゃくちゃ発展したよね

  • 回答者アイコン

    スマートシティって言って、街を便利にするんでしょ?

  • 質問者アイコン

    便利になるのはうれしいけど、そのせいで昔からの景色とかが消えたりするのは嫌だな

  • 回答者アイコン

    昔の良さを持ちながら最新にできたら一番の理想だよね!

スマートシティはうれしいが、今を変えるのも怖い二人の会話です。

スマートシティの類義語

「スマートシティ」の類義語には、「スマートコミュニティ」「スマートタウン」などの言葉が挙げられます。

スマートシティの対義語

「スマートシティ」の対義語には、「過疎」などの言葉が挙げられます。

スマートシティまとめ

今回はスマートシティについての解説を行いました。2020年代に日本でもスマートシティを計画されており、どんどん町が便利になっていくと暮らしやすくなります。ですが反対の意見もあります。インフラ以外にも個人の位置情報などの履歴も可視化されてしまうことも考えられるでしょう。そうした時に常に監視されている、という気分になってもおかしくはありません。便利になるからこそ、増えてくる問題もあるので、様々なことを調べることが大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事