スポンサーの数々

テレビやスポーツ選手にスポンサーが付いているというのはご存知な方が多いと思います。ただ正確には知らないけどなんとなく知っているよ、という方も少なからずいるのではないでしょうか。これから解説していきますので理解を深めていきましょう。

スポンサーの意味

主に、ラジオやテレビの放送番組の提供者、広告主のこと。(資金を出す人・会社)
広告業界ではスポンサーは資金面の後援者となります。
スポンサーにもいくつか種類があり、
イベントの開催にあたり企画や運営を中心に行う人物や団体のことを指す「主催」
企画の趣旨に協力する金銭的援助や人、もの、サービスを提供する「協賛」
企画に対して資金も出すが物品や場所の提供などする「協力」
社会的信用を得るための名義貸しとなる「後援」などがあります。

スポンサーの由来

元々は「spondeo」と書きラテン語で「保証する」や「約束する」という意味を持っていたのですが、それが英語で「厳粛な約束をした人」や「保証人」という意味の「sponsor」となり、日本に外来語としてやって来る際に「後援者」、「広告主」という意味が加わりました。

スポンサーの文章・例文

例文1.応援している選手に有名な会社がスポンサーとしてついた
例文2.テレビやラジオのCM前には必ずスポンサーが紹介される
例文3.スポンサーがどこかで映画の信用度や制作費が変わるので重要視している
例文4.かなり高い資金を出してくれる上に有名な広告主がスポンサーについたので今回のアニメの完成度には期待できる
例文5.番組にいいスポンサーがつかなかったので寂しい結果になってしまった
資金や場所、人、さらには世間の評価等にも関わるのでスポンサー選び慎重に行わなくてはいけません。

スポンサーの会話例

  • 質問者アイコン

    来年公開予定のあの有名なアニメ映画、気にならない?俺絶対観に行くって決めてんだ。

  • 回答者アイコン

    気が早くない?それにまだ完成してないのに面白いかも分からないじゃない

  • 質問者アイコン

    あそこの製作会社は今までの成功例があるからね
    それに毎年強力なスポンサーがつくから制作費も人件費も申し分なし、ってことでいつも最高の完成度なんだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ、それなら安心して観られるね。

スポンサーによってその会社や作品の信用度が変わる場合があります。

スポンサーの類義語

スポンサーの類義語には「後ろ盾」や「バックアップ役」「支援者」「助力者」などの力を貸して助けてくれる人のこと指す言葉が挙げられます。

スポンサーまとめ

スポーツの中継を見ていると選手のユニフォームや会場のいたるところに会社のロゴが描かれていますよね。スポーツにそれほど関心のない人やスポーツは好きだけど関係している会社などに興味のない人にとってはスポンサーがどこであるとか気にしませんが、その選手にどの会社がついているかで練習の質や生活、コーチが変わり、それが試合の強さに直結すると考えると少し興味が湧きませんか?スポーツに限らずテレビやテーマパーク、イベントのクオリティーや信用度に関わることになりましのでスポンサーは制作や企画、運営するにおいてかなり重要ということです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事