ストックオプション

ストックオプション。ニュースなど見ているとたまに耳にする言葉ですが、この言葉の意味を本当にご存じですか?

ストックオプションの意味とは

ストックオプションとは、ある株式会社の経営者や役員が同社の株式を「行使価格」で購入できる権利を指します。
行使価格とは、事前の取り決めによって定められた株式の購入価格を指します。一般的に株というものは値段が変動するものですが、行使価格はどのような場合でも固定されているという特徴があります。
つまり、ストックオプションを持つ人は、会社の業績を向上させることができれば、その分の利益を株価上昇という形で獲得できるのです。
当然、その利益=金額は業績アップが大きければ大きいほど高くなります。
このような特色を活かし、社員他のモチベーションアップ、あるいはインセンティブとして活用される事が多い仕組みであるとされています。

ストックオプションの由来

ストックオプションが生まれたのはアメリカであると言われており、その後制度の有用さが周知されるにつれ、その他諸外国にも広がっていきました。日本に導入されたのは1997年のことになります。その歴史からか、初期には外資系の企業で多く採用されていたようです。認められた直後のストックオプションは、その付与先が社内の人間など一部に限定されているという制限がありましたが、この制限は後の法改正により無くなりました。

ストックオプションの文章・例文

例文1.ストックオプションを、社員の士気向上のため付与する
例文2.ストックオプションは大企業のほかベンチャー企業などで多用されている
例文3.転職活動にあたり、ストックオプションを付与してくれる企業を探した
例文4.ストックオプションは億万長者への近道だ
例文5.ストックオプションの事例分析と、その結果
その性格上、お金や給与・賞与などに合わせて、よく使用される言葉です。

ストックオプションの類義語

ストックオプションには、一般的な業務の報酬として付与されるタイプのほか、新株予約権を購入する権利を与えることで
さらなるインセンティブ効果を狙った有償型ストックオプションや、信託型ストックオプションといったものが存在します。

ストックオプションまとめ

ストックオプションには、長所だけではなく欠点も存在します。例えば会社の業績が上昇するのではなく下降してしまったケースでは受け取る利益は減少するどころか、場合によっては売却しても損益が出てしまう可能性もあります。
また、ストックオプションを得られなかった社員や役員などが存在した場合、業績が上がった場合でも社内に深刻な対立が生まれる可能性があります。付与する側、付与される側、双方ともに現状をよく考えた上で使用すべき権利であるといえるでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事