ストアフロント(Storefront)

「ストアフロント」とは「会員登録をして買い物ができるwebサイトであり、また個人として商品の販売サイトをそのwebサイトに設ける事」です。お客の立場としてはネットショップや買物サイトと呼ぶのが一般的ですが、ビジネス用語としては「ストアフロント」と呼ぶ事も多いです。会員登録をしてから買物を許可するのは情報入手のメリットが大きく、だから大手ネット企業はこぞってそのようなスタイルを取っています。

[adstext]
[ads]

ストアフロントの意味とは

「ストアフロント」の意味は以下の通りとなります。
(1)会員登録をして商品を購入するネットショップやオンラインストアの別称。
(2)ネットショップ内に設けた自らの買物サイトの事。
「ストアフロント」は英語表記「storefront」で直訳すると「店頭」「お店正面」となり、ビジネス用語やマーケティング用語ではネット販売のお店やオンラインストアを指しています。厳密には全てのネット販売のお店ではなく、会員登録をしてから商品販売するネットショップやオンラインストアが「ストアフロント」になります。現在の有名なネットショップは大半が会員登録を義務付けているので、Amazonや楽天にヨドバシドットコムなどは「ストアフロント」にも該当します。会員登録をする事で個人情報を入手できるだけでなく、買い物データが蓄積されたりリピート率が上がるなどのメリットがあります。また、Amazonなどでサイト内に自ら商品を出品するホームページを開設するのも「ストアフロント」で、云わば大企業のネットショップを利用する販売手段ともなります。

ストアフロントの由来

「ストアフロント」は元々「店頭」といった意味なのでお店のリニューアル工事などで専門家や業者の人達が使っていましたが、ビジネスやマーケティング用語としては2000年以降から使われ始めました。厳密には不明ですが、「eコマースストアフロント」などと絡めて2000年から自社商品を販売するネットショップ「ECサイト」が爆発的に増えたのが関係をしていると推測できます。

ストアフロントの文章・例文

例文1.個人情報が絶対に洩れるから本当は嫌だが、一度でもこの便利な買い物サービスを使ってしまうとストアフロントを利用しない手はない。
例文2.ストアフロントとは大手ネット企業の独壇場となっている。
例文3.かつてはせどりをする人はAmazonでストアフロントを設けるのが常識だったが、今はメルカリなどを利用しているようだ。
例文4.会員登録後に商品を購入させ、購入履歴から興味がある商品を宣伝するという蟻地獄のような販売スタイルがストアフロントとも思える。
例文5.中国やインドのストアフロントがそろそろ日本でも注目を集め、新たなネットショップとして大ブームになるかも知れない。
ネットショップ「ストアフロント」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ストアフロントの会話例

  • 質問者アイコン

    またAmazonで買物をしたの? 無駄遣いばかりして。

  • 回答者アイコン

    買物していないわよ。Amazonでは…、楽天はしたけど。

  • 質問者アイコン

    どっちでも同じじゃない。来月のクレジット返済が出来ないって泣きついても、もう助けないから。

  • 回答者アイコン

    でも、Amazonも楽天もストアフロントの最大手よ。買物客の事を考えたサービスが充実していて、サイトを見ていると思わずボーっとして買っちゃうのよ。

無駄遣いが多い彼女に説教をする彼氏という内容です。

ストアフロントの類義語

「ストアフロント」の類義語には、「webサイト」「オンラインストア」「webショップ」「電子商店」「電子ストア」「ECサイト」などの言葉が挙げられます。

ストアフロントの対義語

「ストアフロント」の対義語には、「店頭販売」「実店舗」「リアルショッピング」などの言葉が挙げられます。

ストアフロントまとめ

「ストアフロント」はネットショップやオンラインストアとほぼ同義ですが、会員登録をしてから商品購入できるwebサイトの事です。ですから、Amazonや楽天などが「ストアフロント」の代表ともなりますが、これらのサイトに自らの販売サイトを立ち上げるのも「ストアフロント」と言います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事