スタートアップ企業で働く

スタートアップ(start up)

IT系の企業やベンチャー企業でよく耳にするのが、スタートアップというビジネス語です。社会人になると知らなくても「今さら聞きづらい」と感じる瞬間も多いもの。スタートアップの正しい用語の意味や由来、使い方を理解して、ワンランク上の大人を目指していきましょう。

スタートアップの意味とは

スタートアップには勢いのある、エネルギーに溢れているという前向きな意味があります。スタートアップ企業は起業して僅か数年なのに、利益率が高く「順調に成長を続けている会社」のことを指します。IT系のベンチャー企業によく使われることが多い、良いイメージの言葉です。

スタートアップの由来

スタートアップという言葉が生まれたのは、アメリカのシリコンバレーです。IT系のベンチャー企業が集まる激戦区で誕生した言葉で「今までにない、新しい価値観をもった革新的な企業」という意味もあります。他社とは違う新しい分野に目をつけ、成長している企業…に対して、よく用いられる表現です。称賛の意味で使われることが多く、一種の褒め言葉として受け止められています。

スタートアップの文章・例文

例文1.うちの部下が、話題のスタートアップ企業に転職したよ。
例文2.これから伸びるスタートアップ企業に、投資をおこなった。
例文3.転職エージェントに、スタートアップ企業を薦められた。
例文4.今の会社で踏ん張るか、スタートアップ企業に進むか。悩ましいね。
例文5.弊社はスタートアップしながら、成長を続けています。
世の中の価値観が大きく変わる昨今、短期的に利益を伸ばしていくスタートアップ企業が注目されています。社会を大きく原動力となるスタートアップが、今後どのような動きを見せていくのか。世界が注目しています。

スタートアップの会話例

  • 質問者アイコン

    うちのビルに、新しい会社が引っ越してきたね。

  • 回答者アイコン

    今話題のスタートアップ企業らしいです。

  • 質問者アイコン

    流行りのベンチャーか。すごいね。

  • 回答者アイコン

    外部から資金を集めて、起業したそうです。やり手の経営者ですね。

とあるオフィスの休憩室。上司と部下が雑談をしています。流行りのスタートアップ企業は資金調達が難しいことが多く、課題のひとつとなっています。ベンチャーキャピタルなどの投資を上手く活用して、資金繰りをおこなう所が多いようです。

スタートアップの類義語

スタートアップと混合されやすい言葉に「ベンチャー」があります。どちらも「起業して間もない中小企業」として一緒にされる事が多いのですが、ベンチャーに比べてスタートアップの方が「ビジネスモデルが確立されている」ニュアンスがあります。ベンチャーに比べて一歩も二歩もリードしているのが、スタートアップと言えます。またスタートアップ企業が多くいるのが「ビットバレー」や「五反田バレー」と呼ばれる地域です。

スタートアップまとめ

転職情報誌でもよく目にする、スタートアップ。ベンチャーと似ていますが、より目新しいビジネスモデルを持っているのが「スタートアップ企業」です。勢いのあるスタートアップが今後どう日本経済を担っていくのか。その行方に注目していきたいものです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事