スキーム

政治の世界やビジネスのシーンで、よく耳にする言葉としてスキームがあります。何となく分かっているつもりでも、正しい意味や使い方を理解できていないこともあります。今回はスキームの標準的な意味、例文について確認していきましょう。

スキームの意味とは

スキームという言葉には、プランや枠組み・企画構想という意味が込められています。新規に事業を展開するとき、まずは基本的なスキームを作ることが重要になります。最近では国会など政治の場でも、スキームという言葉が用いられるようになってきました。政治の分野で使われる場合には、基本考案という意味合いになります。

スキームの由来

スキームは英語から生まれたビジネスワードのひとつです。英語表記では「scheme」となります。日本においてのスキームは、フランチャイズ展開のビジネス業界では欠かすことのできない建設的な言葉です。それに対して本家のアメリカやイギリスでは、陰謀や悪だくみといった、日本とは正反対の否定的なワードとして使われています。
海外から渡来したスキームという言葉が日本のマーケティングや政治の分野において、独自の意味合いに発展した…とみるのが正解でしょう。

スキームの文章・例文

例文1.ライバル社に打ち勝つためには、まずは独自のスキームを盗むことです
例文2.来週までにスキームだけでも、完成させてもらえませんか
例文3.曖昧な与党のスキームに対して、野党は徹底抗戦のかまえを見せています
例文4.来年度の都市計画のスキームを、国内外に公開しました
例文5.強い会社には、優れたスキームがあります
古い商店街を盛り上げていくためには、民間企業のスキームを上手に取り入れていくことが必要になるでしょう。

スキームの類義語

スキームの似た意味をもつ言葉として、計画や仕組み・やり方・アウトライン・概要・輪郭などがあります。ビジネスの枠組みや政治の基本的な案を示した言葉が多く、その内容は該当する団体や企業によって様々です。

スキームまとめ

企業がそれぞれのサービスに付加価値を付けていくためには、他社とはちがう強いスキームを構築していくことが求められます。力強いスキームを確立できた場合、企業の利益は上がっていきます。反対に明確なスキームを持たない脆弱な企業は収益の伸び悩みに苦しみ、変化が激しい今の時代において、大きく存在意義を問われるものとなるでしょう。
日進月歩で目新しいビジネスや独自のスキームが生まれている昨今、いかに今までにないアイデアを絞り出し他社との競争に勝ち抜いていくかが、今後の大きな課題になるといえそうです。
また一度つくったスキームを定期的に見直し、欠点をおぎなう努力をおこなうことも経営陣に求められている所作です。

この記事を読んでいる人に人気の記事