スキャンダルが発覚した

スキャンダル(scandal)

世の中にあって欲しくないものは数あれど、その中の一つとも言えるのは「スキャンダル」ではないでしょうか?基本的に良いイメージのものではないので、基本的にないほうが良いですね。特に好きな芸能人のスキャンダル事件といったら、見聞きした瞬間にテンションが下がってしまって、何も手につかないというのも十分に考えられますね。そこで、実際に「スキャンダル」とはどういうものに対して使う言葉なのかなど、解説をしていきたいと思います。

スキャンダルの意味

スキャンダルの定義とは、名誉や立ち位置を脅かすような不祥事や、不正事件。芸能人のような職種の人に至っては、不倫や色恋沙汰関連の情報に対してのことを指します。これは個人に対しても適用される言葉ですし、特定の団体に対しても使われる言葉になります。現代日本においては、日々のニュースで目にしないことがないほど多く溢れているので、それだけこういったことが多いということになります。

スキャンダルの由来

スキャンダルは醜聞といった意味もありそれに関連づいた英語からスキャンダルと呼ばれるようになりました。文豪の作品の中では、「スキァンダルス」や「スカンダアル」という言葉でも用いられています。

スキャンダルの文章・例文

例文1.大物俳優のスキャンダルが発覚した
例文2.またあの政治家のスキャンダルか
例文3.公務員のスキャンダルはやめてほしい
例文4.最近はスキャンダルのニュースが多い
例文5.芸能人はスキャンダルに追われて大変だと感じる
実際にスキャンダル対象となるのは、政治家や芸能人、大手企業の社長といった面々なので、自身がその対象として向けられるというのはあまり考えられないですね。

スキャンダルの会話例

  • 質問者アイコン

    君の好きな俳優のスキャンダルニュースがやってるよ!

  • 回答者アイコン

    ええ!
    覚せい剤とか一番ショックなやつだよ…

  • 質問者アイコン

    あんなに人気もあるのに、なんでそういうことをしちゃうんだろうね。

  • 回答者アイコン

    もうショックすぎて何も考えられない…

スキャンダルは自身だけでなく、周りにも影響を与えてしまうので、ない方がいいものですね。

スキャンダルの類義語

スキャンダルに近い意味の言葉としては、「ゴシップ」といった言葉は近いものかと思います。

スキャンダルまとめ

スキャンダルの話題というのは日本では事欠かないくらいに溢れています。しかし、これは発覚しているものだけであって、そうでないものがまだまだあるということになるので、悪いものであれば一つでも多く露見した方がいいのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事