スキャルピング

スキャルピングとは、金融取引のみで使用される言葉です。その為、日常生活中でまず聞くことはないでしょう。言わば専門用語と言われるもので、当然その意味は普段から使っている人しか知らないでしょう。

スキャルピングの意味とは

スキャルピングという言葉は、ごく短時間に取引を繰り返すことを表します。つまり、株式で言うと、購入した30分後や1時間後にはもう売却するといった取引を1日に何度も繰り返すことをスキャルピングと言います。
その為、この言葉を使える機会はそう多くはなく、それこそ株式の取引を頻繁に行っている人や、同様にFXなどの信用取引を行っている人でないと、この言葉を知る必要さえないと言えるかも知れません。

スキャルピングの由来

このスキャルピングという言葉の由来は驚くべきもので、何とその昔にインディアン達が行っていた死体の頭(スカル)を皮を剥ぐという行為からきています。それを繰り返すことで、ごく薄い(頭の皮に引っ掛けています)利益をあげるということを繰り返す、言わば薄利多売で稼ぐことをこう呼ぶようになったのです。
スキャルピングはそのような売買行為の為、回数を繰り返さないことにはまともな利益はあげられません。それこそ、インディアン達が素早く次々と死体の頭を皮を剥いで、(それを干物にして売却を行って)できるだけ利益をあげようとしていた行為を金融取引の世界で再現していると言えるでしょう。

スキャルピングの文章・例文

例文1.スキャルピングで利益をあげるのは難しい
例文2.長期保有よりスキャルピングが今のトレンドだよ
例文3.FXはスキャルピングに限るよ!
例文4.スキャルピングは自分にはちょっと合わないなぁ
例文5.スキャルピングで1日中PCとにらめっこだ
スキャルピングはそれを行える人が限られている為、金融取引の中でも特殊な取引形態です。ただ、一度や二度失敗してしまっても、それが大した痛手にはならないところが最大のメリットで、逆に、一度や二度の成功だけでは大した利益にもならないので、それこそ数を繰り返してこそだと言うことができます。

スキャルピングの類義語

スキャルピングの類義語は、「デイトレード」が真っ先に挙げられます。この言葉なら聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
しかし、この2つの言葉は似ているようで少々意味合いが違い、スキャルピングは細かい取引を繰り返すことでコツコツと利益をあげることが目的なのに対し、デイトレートでは1日単位で取引を完結させ、その収支でプラスにするのが目標です。
簡単に言うと、デイトレートと比較して、1日の中でそれよりも多くの取引を行っているのがスキャルピングだという訳です。

スキャルピングまとめ

スキャルピングはそれを専業で行っている人も居るほど、現在の金融取引では当たり前のように行われています。ただし、誰もが行える取引方法でもないので、この言葉自体を誰もが覚えておく必要はないでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事