ジラートの法則で車を売りつくす

ジラートの法則(the law of Szilard)

皆さんは日頃自分の行動がどのくらい周りに影響をもたらすか意識をしていますか?
少なくとも自分の周り数人程度だと思ってはいないでしょうか。実は、人1人の行動は250人もの行動に影響を与えるとされています。今回は、特に営業マンの方には欠かせない「ジラートの法則」という成功法則をご紹介していきます。

ジラートの法則の意味とは

冒頭でも紹介しましたが、ジラートの法則とはもう少し具体的に説明すると平均的に250人の人とつながりを持っているという法則です。つまり、それは=250人に対して影響力を持つことになります。特に営業の方は、目の前にいるお客様一人を不快にさせる事によってそれが250人に波及する可能性があるという事になります。逆に言えば、良い行いをすればそれが広がる可能性もあります。

ジラートの法則の由来

この法則は元々、世界一の自動車営業マンと言われるジョー・ジラート氏が意識していた考えです。
彼は、1966年から1978年の間にギネスブックに「世界No.1のセールスマン」として掲載された人物です。
1日最高18台、1ヶ月最高174台、年間最高1425台、また15年間で13001台という驚異的な数値を販売した実績を持っています。その彼が、「250の法則」というものを意識していたからこそ「ジラートの法則」と名付けられました。

ジラートの法則の文章・例文

例文1.ジラートの法則を意識して日頃の自分の行いを見直す
例文2.自分一人の行動は周りに大きな影響を与えるというジラートの法則を意識して仕事をしよう。ジラートの法則の例文はここに入れる!
例文3.ジラートの法則を意識するだけで、普段の立ち振る舞いが変わってくる。ジラートの法則の例文はここに入れる!
例文4.人の目の前で大声で喚き散らしている人は自分がどれだけ周りに悪影響をもたらしているかジラートの法則に対する意識が足りない。ジラートの法則の例文はここに入れる!
例文5.ジラートの法則とまではいかなくても少なくとも目の前のお客様に対して全力で向かっていきたい。ジラートの法則の例文はここに入れる!
接客をやられる方であれば自分の言動1つで全てが変わってしまうため、意識をしておきたい法則です。知っておいて損はないでしょう。

ジラートの法則の類義語

この法則に関する類義語はありません。

ジラートの法則まとめ

いかがでしたでしょうか。普段あなたはどれだけ自分の行動を他人に見られていると意識出来ているでしょうか。場合によってはその一瞬の立ち振る舞いがチャンスを呼び込む事があるかもしれませんし、逆に自分を不利に追いやってしまう可能性もあります。常日頃からジラートの法則を意識しつつ周りに良い影響を与えていきましょう。すぐには結果は出ないでしょうが、1年後、2年後大きな成果として実がなる事は間違いありません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事