ジャッジする

ジャッジ(judge)

スポーツや学校のテスト、世の中のものの大半は「イエス」か「ノー」で判断されるものです。「イエス」か「ノー」だけではなく「勝ち」と「負け」もそうでしょう。つまり物事は判断や判定が下るものがお多いということになります。そこで「ジャッジ」という言葉の意味について解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ジャッジの意味

ジャッジというのは、英語の直訳に直すならば「審判」や「裁判官」や「裁判」、もしくは「判断する」といった意味の言葉になります。
日本における使われ方としては、何かしらの勝負事の際に優劣をはっきりさせる「判断」役で使われることが多いのではないでしょうか。ただ、そのジャッジには曖昧さがあったり不公平さが垣間見えたりする場合があり、ジャッジを下すものに対して非難の的になることもしばしば見られますね。つまり、日本におけるジャッジという言葉が指すものは「審判」もしくはそれが行なった「判断」に対して使われることが多いようです。
ただ、日常生活の中にもジャッジできるものが意外と紛れていて、そもそもジャッジなのかそうでないのかというような判断もあるので、調べてみると意外と奥が深いようです。

ジャッジの由来

ジャッジという言葉は、本来の英語が持っている意味そのままに使われているので、特に由来というものは存在していません。内容としては上述している通りです。

コンコルド効果の文章・例文

例文1.正当なジャッジをしてほしい
例文2.あの審判のジャッジはどう考えてもおかしい
例文3.裁判におけるジャッジは公平で公正だ
例文4.サッカーで性格なジャッジができる審判になりたいと思っている
例文5.あの映像ではどちらが勝ったのか正確なジャッジのしようがない
ジャッジという言葉は意外にも幅広く使われる言葉なので、スポーツや裁判に限った話ではありません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ジャッジの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日のサッカーの試合見た?なんか釈然としない結果だったよね。

  • 回答者アイコン

    あ、私見てなかった。
    どんな感じだったの?

  • 質問者アイコン

    1本目のゴールが決まった時にボールに手が触ったか触ってないかで揉めて、ジャッジで触ったことになっちゃったんだよね。絶対触ってないのに。

  • 回答者アイコン

    でも、審判のジャッジってそういう納得いかない時もあるよね。

スポーツに関してのジャッジは見る者の視点によって善し悪しが変わってくのもあるでしょう。どうしても肩入れしたくなる側というものが存在していることによります。

ジャッジの類義語

ジャッジという言葉に近いものをあげるのであれば、「レフェリー」、「オピニオン」、「アンパイア」、「ジャッジメント」といったような言葉があります。

ジャッジまとめ

ジャッジという言葉に関して解説をしてきました。使い方や意味合いとしては、今まで使っていた使い方や意味合いでそんなに違わないでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事