ジェンダーニュートラルのトイレ

ジェンダーニュートラル(じぇんだーにゅーとらる)

最近耳にすることが増えた「ジェンダーニュートラル」という言葉。性別に囚われず、多様性を享受しようとする現代の社会において重要な役割をに果たしていくことでしょう。

[adstext]
[ads]

ジェンダーニュートラルの意味とは

「ジェンダーニュートラル」とは、男や女といった性差に囚われないといった概念のこと。性別の特徴や「男だから○○すべき」「女は○○であるべき」などといった伝統的に根付いた役割認識に囚われない考え方を示します。

ジェンダーニュートラルの由来

英語で性別を意味する「gender(ジャンダー)」と、中立を意味する「neutral(ニュートラル)」を組み合わせて表現されたのが由来にあたります。国連においては、人は男性や女性といった性別による差に影響されることなく、誰もが個人として扱われるべきとして、「gender mainstreaming(ジェンダー メインストリーミング)=ジェンダーの主流化」と呼んでいます。

ジェンダーニュートラルの文章・例文

例文1.世界では、ジェンダーニュートラルを意識したトイレが登場している。
例文2.ジェンダーニュートラルを浸透させるための様々な取り組み。
例文3.ジェンダーニュートラルな社会。
例文4.増加するジェンダーニュートラルなファッション
例文5.多様性を享受するジェンダーニュートラルという概念。
世界的に様々な分野に広がっている「ジェンダーニュートラル」。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ジェンダーニュートラルの会話例

  • 質問者アイコン

    最近は男女問わず、その人の個性や性向尊重する時代になっていますね。

  • 回答者アイコン

    そうだね!世の中には既にそういったジェンダーニュートラル概念を日常に導入しているみたいだよ!

  • 質問者アイコン

    そうなんですね!どういった事例があるんすか?

  • 回答者アイコン

    中立的な性を持っている人のためのトイレだったり、イギリスの私立学校では男子生徒に制服のスカート着用の許可とか、女性のパワースーツなど認識が変わってきている状況だね!

性別・人種区分と差別などがある企業や団体は大きい影響にぶつかってしまいます。多様性と「ジェンダーニュートラル」は企業・色んな団体の生き残っていく必須要素とみられます。

ジェンダーニュートラルの類義語

「ジェンダーニュートラル」の類義語では「性的中立」や「Unisex(ユニセックス)」があげられます。

ジェンダーニュートラルまとめ

「ジェンダーニュートラル」には自分自身の幸せを重視する主張が色んな分野に拡散されていて性的な分野でも既存の枠を超えて、自分らしさを表現し性という観念に偏らない生き方をするトレントとなっています。この結果はファッション・ビューティーなどの消費分野だけではなく個人のライフスタイル、更に企業の業務や社会問題までに拡散されています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事