ジェネレーション Yは新世代だと言われる

ジェネレーションY(Generation Y)

色々な年代によって、世代別の名前で呼ばれることがあると思いますが、ジェネレーションYとは一体なんのことなのでしょうか、それでは見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

ジェネレーションYの意味とは

1980年~1994年までに生まれた世代の事をMillennials(ミレニアル世代)、又の名をGeneration Y(ジェネレーションY)と言い、この世代は生まれた時からインターネットがあり、デジタル製品が身の周りにあって育った最初の世代のことです。ちなみに、1925年~1945年までがThe Silent Generation(沈黙の世代)、1946~1963年までがBaby Boomers(ベビーブーマー)、1964年~1980年までがGeneration X(ジェネレーションX)、1995年~2010年までに生まれた世代のことを(ジェネレーションZ)、2010年~2025年まではGeneration Alpha(アルファ世代)と言います。

ジェネレーションYの由来

ジェネレーションYはアメリカで生まれた言葉で、1960年から1974年生まれをX世代、1975から1990年代前半生まれをY世代と定義した流れから来ています。

ジェネレーションYの・例文

例文1.私の子供はジェネレーションY(ミレニアル世代)です。
例文2.ジェネレーションYに生まれた人はインターネットが当たり前にあった。
例文3.ジェネレーションYはデジタルネイティブの世代だ。
例文4.ジェネレーションYに生まれたかった。
例文5.ジェネレーションYはこれからの未来を担う世代だ。
ジェネレーションYあたりの世代から学校でもパソコンの授業が始まっていますよね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ジェネレーションYの会話例

  • 質問者アイコン

    僕たちも歳を取ったね、今の中学生はパソコンで授業を受けたりすることがあるみたいだよ。すごいよね。

  • 回答者アイコン

    小さい時から、インターネットに触れる機会がたくさんある世代だもんね。

  • 質問者アイコン

    1980年から1994年までに生まれた世代をジェネレーションY(ミレニアル世代)っていって。その世代は生まれた時からネットがある最初の世代らしいよ。

  • 回答者アイコン

    なんかかっこいいね、私もその年代に生まれたかった。

小さい頃からインターネットが身近にあった世代はこれからのデジタル化に向けて活躍してくれることでしょう。

ジェネレーションYの類義語

ジェネレーションYの類義語には「Z世代」「X世代」などがあります。

ジェネレーションYまとめ

インターネットでの検索やSNSの情報発信に多く触れてきた世代もこの世代からという事になります。ネットやSNSの便利さや危険性を知っているからこそ、それを踏まえて次の世代には安全で便利な使い方を伝えていかなければいけない世代ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事