simpleにする

シンプル(simple)

世の中の物事や出来事というのは、大抵のものが二極化として分類することができるものでしょう。例えば「善」と「悪」や「真実」か「嘘」かなどといったことがあげられます。そうした物事を二極化もしくは二分化した時にあげられるものの一つとして「単純」か「複雑」かがあげられます。単純、すなわち「シンプル」についてその言葉の解説をさせていただきたいと思います。

シンプルの意味

シンプルとは、複雑化していない単純なものに対して使われる言葉になります。その言葉の用途は多岐にわたるため、ジャンルを問わず用いられる言葉です。そもそもシンプルという言葉の意味は「単純な様子」や「無駄な飾りがなく、簡素であること」などの意味として用いられます。
「シンプルイズベスト」という言葉がありますが、これは「シンプルであることが一番いい状態である」ということを指して使われる言葉です。
ファッション・ビジネス・ミュージックなど様々なジャンルの中でシンプルという言葉が用いられていますが、シンプルであることが「良い」という場合と「悪い」という判断につながる場合に分かれるので、使う際には注意が必要です。

シンプルの由来

シンプルは英語表記で「simple」すなわち上述したように「単純」や「簡素」といった意味の言葉として用いられます。

シンプルの文章・例文

例文1.世の中のあらゆる物事はもっとシンプルであるべきだ
例文2.今やっているこのゲームはシンプルだから誰にでも理解しやすい
例文3.シンプルであることが必ずしも良いとは限らない
例文4.彼の考え方はいたってシンプルだ
例文5.一見してシンプルに見えるが、実はかなり複雑なないようになっている
多種多様な場面で使われる言葉であるだけに、何がシンプルで、何がそうでないのかの見極めも時には必要になってくるかと思います。

シンプルの会話例

  • 質問者アイコン

    今日の会議における提案内容なんだけど、もう少しシンプルでも良いんじゃないかと思うんだけど、どうだろう?

  • 回答者アイコン

    私の中ではかなりシンプルにしたつもりだったんですけど、
    どうしたらいいですか?

  • 質問者アイコン

    じゃあデスクに戻ったらその辺りも一緒にやってみようか。

  • 回答者アイコン

    ありがとうございます。よろしくお願いします。

ビジネス面でもシンプルであることが求められる場面はあるので、使うことの多いワードになります。

シンプルの類義語

シンプルの類語としては、「単純」や「簡素」や「簡略」などの言葉が挙げられるでしょう。反対の言葉はもちろん「複雑=Complicatedly」になります。

シンプルまとめ

シンプルという言葉の意味について解説してきました。日常的に使う言葉なだけに、使い所や言葉の意味を間違って使ってしまうと恥を掻くことになるので、気をつけてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事