シキテンする警察官

シキテン

刑事事件をあつかう警察モノの小説を読んでいると、ときに「この言葉って、どんな意味だろう?」と疑問が浮かぶことがあります。サスペンスの世界でよく取り上げられるのが、シキテンという隠語です。日常生活ではあまり見かけないシキテン、どのような内容の言葉なのでしょうか。トリビアの泉に出かけてみましょう。

シキテンの意味とは

私たちの社会生活では、あまり見聞きすることのないシキテン。主に犯罪者などが使う言葉で、見張り役という意味があります。同じく警察内部でも、ある犯罪者をターゲットに一挙一動を監視することを陰に「シキテン」と呼ぶこともあります。また暴力団など反社会的集団が新しい事務所を開くとき・襲名披露の儀式をおこなうときに「シキテン」という業界用語を用いる場合もあります。主にダークサイドで使われることの多いシキテン、あまり関わりたくない言葉のひとつかもしれません。

シキテンの由来

シキテンは漢字で書くと「敷展」。大きなお屋敷を展望する、眺めるという語源があります。室町時代の忍者が相手の陣地を見張りするときに使った言葉…との説もありますが、由来はまだ良く分かっていません。シキテンは反社会的勢力や犯罪者、警察関係者が使う言葉ですが、現在では民間の探偵会社・調査会社でもシキテンという言葉を使っています。この場合監視しているターゲット側のお付きの人に対して、用いられることが多いようです。

シキテンの文章・例文

例文1.ターゲットはかなり厄介な人物だ、表にシキテンを多数配備している
例文2.誰か来てもわかる様にシキテンきっとけよ!
例文3.チームのシキテンとして活躍していた人物を、先ほど逮捕した
例文4.今夜シキテンが開催される模様、至急配備を増強せよ
例文5.主に言われたとおり、シキテンとしての任務を全うした
主に闇の世界で使われることが多いシキテン。大きな事件が動くときには、それを隠避しようとする力も働きます。陰の立役者となるのがシキテンなのです。

シキテンの類義語

警察業界で用いられる言葉はシキテンの他にも、多数あります。たとえば「ウサギ」は脱走した犯人のこと。「イヌ」は警察関係者に潜り込む、敵方のスパイをあらわしています。

シキテンまとめ

シキテンは敷展とかき、見張り役の人を指した隠語です。反社会的勢力の襲名披露会として、用いられることもあります。大きな事件が起こるとき、首謀者のまわりには色々な役どころが活躍するものです。シキテンの動きを正確に見定めることも、警察関係者にとって重大な任務のひとつなのかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事