シェアリングエコノミーが増加している

シェアリングエコノミー(sharing economy)

現代ではインターネットの普及によって様々なモノがインターネットと繋がり、便利なサービスが急増しています。「シェアリングエコノミー」はその便利なサービスの仕組みでありモノを効率よく使う為の手段です。今回は今の時代に絶対に覚えておくべき「シェアリングエコノミー」の意味や例文などを詳しく解説していきます。

シェアリングエコノミーの意味とは

「シェアリングエコノミー」とは、物・サービス・場所などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組みのことを指します。自動車を個人や会社で共有するカーシェアリングをはじめ、ソーシャルメディアを活用して、個人間の貸し借りを仲介するさまざまなシェアリングサービスが登場しています。

シェアリングエコノミーの由来

シェアリングエコノミーは、「シェアリング」と「エコノミー」の造語で「シェアリング」は物・サービス・場所の共有を意味し、「エコノミー」は経済、理財または節約を意味します。シェアリングサービスは主にオフィスシェアリング、カーシェアリング、ワークシェアリングなどがありそれらをまとめて「シェアリングエコノミー」と呼びます。

シェアリングエコノミーの文章・例文

例文1.現代はインターネットの普及によりシェアリングエコノミーが増えました。
例文2.シェアリングエコノミーは少子化問題を改善する重要な課題です。
例文3.シェアリングエコノミーでモノの価値が変わります。
例文4.シェアリングエコノミーによって手軽にモノやサービスを試す事ができます。
例文5.様々なシェアリングエコノミーによって世の中がより便利になります。
「シェアリングエコノミー」に関する一般的な例文です。

シェアリングエコノミーの会話例

  • 質問者アイコン

    最近は車とかいろんなモノがシェア出来るようになったからすごい便利な時代だね。

  • 回答者アイコン

    本当にそうだよね。高い車が手軽に乗れるようになったりシェアリングエコノミーがあって色々と助かった。

  • 質問者アイコン

    〇〇くんは他にどんなシェアリングサービス利用してるの?

  • 回答者アイコン

    僕はカーシェアリングの他に今住んでいる家をルームシェアしてるよ。

「シェアリングエコノミー」に関する一般的な会話です。

シェアリングエコノミーの類義語

「シェアリングエコノミー」の類義語には「シェアリングサービス」や「ソーシャルメディア」などが挙げられます。

シェアリングエコノミーまとめ

「シェアリングエコノミー」についてお分かり頂けましたでしょうか。最近ではシェアリングサービスや〇〇シェアリングなどよく耳にしますが、それも「シェアリングエコノミー」の中の一つです。「シェアリングエコノミー」は少子化によりこれから増えていく傾向にあり、知り合いなどに「シェアリングエコノミー」について聞かれた時はしっかりと答えられるようにしておきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事