競馬に使われるサラブレット

サラブレット(thoroughbred)

この言葉は競馬などを知っている方ならよくご存知かと思います。元々競走用の馬の事を指してこのサラブレットという言葉が使われているのですが、実はこれは犬や人間にも使われることがあります。その意味と由来などサラブレットについてこれから解説していきます。

[adstext]
[ads]

サラブレットの意味

馬や犬などの純血種、また、育ちがよく優秀であるという意味があります。動物は血統で素質がかなり変わってきます、それは人間に対しても同じで血筋によって差が出ることがあるため、「血筋がよく十分な教養がある」と人に対してもサラブレットという言葉が使われることがあります。

サラブレットの由来

「Thorough(完全な)」と「bred (育てられた)」の組み合わせで完璧に育てられた馬の品種の名前になります
サラブレットは、狩猟に用いられたイギリスの原産種を競走用に品種改良され生まれた馬です。なので競馬ではこのサラブレットが使用されています。
このように品種改良された犬にも使われる場合もあります。また、サラブレットには厳格な血統登録が行われ、全てのサラブレットそれぞれに血統書が存在しています。基本的に両親がサラブレットでなければ、サラブレットと認められません。

サラブレットの文章・例文

例文1.僕が応援するのは父親も母親も足が速いあのサラブレットだ
例文2.親がプロのサッカー選手のサラブレットの子はとても練習環境に恵まれている
例文3.彼女は卓球界のサラブレットだと雑誌に載り有名になった
例文4.両親ともに名門校出身の私は学園内でサラブレットと言われている
例文5.競馬でサラブレットの走りにとても興奮した
血統で身体能力や知能に差が出て優秀なものをサラブレットと言います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

サラブレットの会話例

  • 質問者アイコン

    君学生の頃部活なにやってた?

  • 回答者アイコン

    バスケットボールをやってました。
    父も母も元プロのバスケ選手だったので環境には恵まれていましたね。

  • 質問者アイコン

    そうだったの、すごいサラブレットじゃないか。

  • 回答者アイコン

    感謝はしてます。でも、家でも試合の復習と練習ばかりで大変でしたよ。

部活や趣味など家族の影響で始めたという人は結構多いですね。もしかしたら身近にこういうサラブレットはいるかもしれません。

サラブレットの類義語

サラブレットの類義語には「親譲り」「純種」などが挙げられます。

サラブレットまとめ

もしかしたら元々競走馬の事を指す言葉なので人に使うのはどうかと思われるかもしれませんが、とても環境や教養が良いと最高の褒め言葉になりますので難しく考えずに使ってみましょう。親から受け継いだ才能というのはと素敵な事で誇るべきものです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事