サミットが開催された

サミット(主要国首脳会議/先進国首脳会議)

普段はなかなか一堂に会する機会のない各国の首脳たちですが、年に1回一つの場所に集まって会議を行うことがあります。それが通称「サミット」です。この日は一つの場所に各国の首脳が集まるということで警備も最高レベルに引き上げられます。まさに国を挙げての大イベントですね。そこで、この「サミット」という言葉の解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

サミットの意味

サミットは別名「主要国首脳会議」もしくは「先進国首脳会議」と呼ばれ、国際的な首脳会議の一種です。会議の内容としては、国際的な経済問題や政治的な課題、政策の検討などが行われます。
サミットに参加する国は決まっており、フランス・アメリカ合衆国・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダです。2013年まではここにロシアが加わっていたため、もともとはG8とも呼ばれていました。ロシアがここから抜ける要員としてはウクライナへの軍事介入やクリミア半島掌握などの要因が挙げられます。

サミットの由来

サミットの元々の始まりは、1973年のオイルショックとそれに伴う世界的な不況という課題を話し合うためにヨーロッパ諸国・アメリカ合衆国・日本の西側諸国の財務大臣級が集まったことが始まりです。当時は「ライブラリーグループ」という名前でした。

サミットの文章・例文

例文1.今年は日本でサミットが開催される
例文2.大阪でサミットが開催されるから賑わいそうだ
例文3.サミットは国際会議だけど、開催される地元の人からしたらお祭りに近い
例文4.サミット開催で店の売り上げが伸びてくれる事を期待する
例文5.サミット開催に合わせて事件が起こらないかが心配だ
一つの場所に各国の主要人物が集まるとあって、テロなどが起こらないようかなりの厳戒態勢が敷かれます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

サミットの会話例

  • 質問者アイコン

    ついに来月はサミットが開催されるね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。
    今回はどんな議題が上がるんだろうね。

  • 質問者アイコン

    サミットの開催によって、世界が少しでも今より良くなるといいね。

  • 回答者アイコン

    今後の変化に期待だね!

議題の大枠としては国際経済に関することや政治問題に関することですが、テーマは毎回変わるのでその都度どういう内容で話し合いが起こり、それによってどう変わるのかは国民としてもきになるところです。

サミットの類義語

サミットは、正式名称の「主要国首脳会議」や「先進国首脳会議」の呼び方をはじめ、様々な呼ばれ方があります。一般的には「G7」や「7カ国首脳会議」という風に呼ばれることも多いですね。

サミットまとめ

日本でもサミットが開催されることが何度かありましたが、そのたびにメディアでも大きく取り上げられるのでそれ自体を知らないという人はほとんどいないでしょう。ただ、関心があるかどうかは別だと思います。サミットの議題には日本のことに関することも含まれるので、これを機に是非関心を持ってください。
「G7/G8首脳会議」
上記外務省のホームページにて詳しく見られます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事