サマリー(summary)

「サマリー」とは、話の要点は大まかな内容、簡素にまとめたものといった意味になります。よくビジネスシーンで用いられることの多い言葉です。それでは、「サマリー」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

サマリーの意味とは

「サマリー」の意味は以下の通りです。
・話の要点、要旨
・要約されたもの
・概要、総括
・大まかな内容を記録としてまとめられたもの
よくビジネスで用いられており、株式市場では、マーケット情報の概況をまとめたもので「マーケットサマリー」というものがあります。

サマリーの由来

「サマリー」は、元々ラテン語の「summa」「summaris」が語源となっており、“要約”という意味の「summary」という英語になりました。

サマリーの文章・例文

例文1.今日の会議のサマリーをまとめる。
例文2.構成を考えた、簡潔で分かりやすいサマリーのことをエグゼクティブサマリーと呼ぶ。
例文3.新プロジェクトの概要のサマリーを提出する。
例文4.誰が見ても見やすいサマリーを作るよう指示する。
例文5.サマリーに目を通して大枠を理解する。
「サマリー」についての例文になります。ビジネスシーンで用いられることが多いですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

サマリーの会話例

  • 質問者アイコン

    講義の内容忘れないようにサマリーにしっかり目を通しておこう。

  • 回答者アイコン

    サマリーって何?

  • 質問者アイコン

    この授業の内容をまとめたやつだよ。これを使えば、復習もできるからね。

  • 回答者アイコン

    なるほどね。

学校で講義の内容をまとめた「サマリー」について話している様子です。

サマリーの類義語

「サマリー」の類義語は、「要約」「レジュメ」「アジェンダ」などになります。

サマリーまとめ

「サマリー」とは、話の要点や要約、概要などといった意味でした。ビジネスシーンでは会議などで日常的に使われる言葉なので、覚えておくと良いかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事