会議での内容をサマる様に言われる

サマる(さまる)

ビジネスの世界で「サマる」という言葉を耳にしたことはありませんか?「サマる」とは何をすることを指す言葉なのでしょうか。今回は「サマる」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

サマるの意味とは

「サマる」とは、「要約する」「簡単にまとめる」という意味を持つ言葉です。主にビジネス用語として使われている言葉です。
日常生活の中で使うシチュエーションはそれほど多くはないですが、新しく社会に出る人は覚えておくといいでしょう。

サマるの由来

「サマる」は、「サマリー(summary)」と「~する」という言葉を合わせて生まれた言葉です。「summary」は「要約」や「要旨」などの意味を持つ言葉です。
相手に簡潔に伝える際に「サマると」と使うことで「簡単にまとめると」という意味になります。
また、「データをサマる」というように使う場合は「データを集計する」という意味で使われることもあります。

サマるの文章・例文

例文1.昨日の打ち合わせの内容をサマるように頼まれた。
例文2.サマると、これはこういうことです。
例文3.サマった資料を提出した。
例文4.わたしはサマることがあまり得意ではない。
例文5.新しい企画の概要をサマってほしいです。
普段はあまり聞き慣れない言葉ですが、ビジネスの現場では多く使われています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

サマるの会話例

  • 質問者アイコン

    本日の会議はこれで終了です。お疲れ様でした。

  • 回答者アイコン

    お疲れ様でした。これから内容をサマるので、終わり次第提出します。

  • 質問者アイコン

    了解。ありがとう。

  • 回答者アイコン

    はい。お疲れ様でした。

資料や文書をまとめる際に使われたりもします。

サマるの類義語

「サマる」と関連する言葉には「レジュメ」や「アウトライン」などの言葉があります。

サマるまとめ

今回は「サマる」について詳しくご紹介していきました。
本来は「要約する」という意味をもつ言葉ですが、ビジネスの現場によっては「集計する」などの意味に変わることもあります。
最近では「サマる」のような、元来英語であるものを日本語と合わせて使うことが増えています。意味をしっかりと理解して、正しく使い分けができるようになりましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事