サボテンの花

サボテン(Cactus)

サボテンといえば緑色で棘がある植物で観葉植物として家で育てているというご家庭もあるのではないでしょうか。サボテンは寒さや暑さ、乾燥などに強く様々な環境下で強く育つ、茎や根に水を貯蓄して耐える多肉植物です。そんなサボテンにも実は花が咲くということはご存知でしょうか。これからその花言葉や由来などについて解説していきます。

[adstext]
[ads]

サボテンの花言葉

花言葉は「燃える愛」「偉大」「暖かい心」「枯れない愛」となります。
7月29日、12月10日の誕生花で咲く時期は種類によって異なるので周年花が咲く季節とされています。

サボテンの由来

サボテンの名前の由来は16世紀後半に日本に持ち込んだ南蛮人がウチワサボテンの樹液を石鹸(シャボン)として利用していたことが由来とされています。
花言葉は厳しい環境下でも大きく成長し燃えるような色彩の花を咲かせることが由来と言われています。

サボテンの文章・例文

例文1.小さな頃公園のトイレに飾られていたサボテンに触れてしまい棘が刺さったことがある
例文2.あんなに棘があるのにサボテンの花言葉には棘にまつわるものがないのに驚きだ
例文3.花言葉を知り、彼女には内緒で記念日にこっそりサボテンをベランダで育て始めた
例文4.サボテンの花は濃いピンクや黄色、白が多い
例文5.彼女は育てやすいしなんだか可愛いからとサボテンを買ってきた
サボテンの見た目からは離れていますが花言葉は暖かい心、愛情を表す言葉を持つ優しい植物になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

サボテンの会話例

  • 質問者アイコン

    あれ、そのサボテンどうしたの?昨日はなかったよね?

  • 回答者アイコン

    そう、育てやすいって聞いたから。可愛いし、ちょっと緑があったほうがお部屋も華やかになるでしょ?
    それにね、どんなところでも育つから結構いい花言葉がついてんだよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。あんまり花言葉とかに興味はないけど。棘が刺さらないように気をつけてね。

  • 回答者アイコン

    うん!あなたも気をつけてね!

家でサボテンを育て始めることに決めた女性とそのパートナーである男性との会話になります。この男性は花言葉については聞く気は無いようです。

サボテンに似た意味の花言葉を持つ花

サボテンの他に暖かい心という花言葉を持つ花には「リューココリーネ」、偉大という花言葉は「カサブランカ」などにつけられています。

サボテンまとめ

育てやすく枯れにくいサボテンは観葉植物としては優秀で、種類によっては寒さ、暑さに弱かったりと管理方法は調べなくてはいけませんが、部屋の中でも外でも育てられることや、その花言葉も愛情などに関わるものなのでサボテンは意外にも贈り物などに適した植物なのです。玄関や部屋の棚に飾るなど人気も高いサボテンをぜひおうちで育ててみてはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事