サプライチェーンを生かしたビジネスモデル

サプライチェーン(さぷらいちぇーん)

製造や販売などの職種の方は「サプライチェーン」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。この「サプライチェーン」とはどういった意味をもつ言葉なのでしょうか?今回は「サプライチェーン」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

サプライチェーンの意味とは

「サプライチェーン」とは、商品が製造されてから消費者に販売されるまでの一連の流れを指す言葉です。
英語表記だと「supply chain」となります。

サプライチェーンの由来

「サプライチェーン(supply chain)」とは「供給連鎖」とも呼ばれ、商品の企画・製造・物流・販売といった、一連の過程を指す言葉であり、「サプライチェーンマネジメント」というシステムの元となる考え方です。
「サプライチェーンマネジメント」は、企画・製造・物流・販売などといったそれぞれの工程の間での情報の齟齬をなくし作業効率を向上させることで、組織全体の連携・管理そして最適化を図るというようなねらいがあります。

サプライチェーンの文章・例文

例文1.サプライチェーンは商品が販売されるまでのそれぞれの工程を別々のものではなく一連の流れとしてとらえることが重要だ。
例文2.IT技術が進んだことにより、情報管理がしやすくなったためサプライチェーンを取り入れたマネジメントができるのである。
例文3.サプライチェーンには一連の流れが行き詰まると事業が上手く実施できないリスクもある。
例文4.受注生産はサプライチェーンの考え方なしではできないともいえる。
例文5.サプライチェーンによるマネジメントを導入するにはシステム環境を最適化させる必要がある。
たいていの企業がこのサプライチェーンを導入しているともいえます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

サプライチェーンの会話例

  • 質問者アイコン

    在庫を抱えすぎると管理も大変だし、コストもかかりますね。

  • 回答者アイコン

    サプライチェーンを導入し、消費者のニーズをもっと分析する必要がありますね。

  • 質問者アイコン

    はい。ニーズを見込んで生産できれば、最適な量の在庫の管理が実現できます。

  • 回答者アイコン

    まずは、各工程における情報を集め、最適な環境作りから始めましょう。

情報の共有や分析が重要となります。この分析を効果的に行うことで、最適な環境を構築する事が可能になるのです。

サプライチェーンの類義語

「サプライチェーン」と関連する言葉には「ブロックチェーン」「バリューチェーン」などがあります。

サプライチェーンまとめ

今回は「サプライチェーン」ついて詳しくご紹介しました。
サプライチェーンによって商品を素早く消費者の元へ届けることが出来たり、在庫を抱えすぎるという問題を解消したりすることができます。もちろんこれらは売り上げの向上にもつながることです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事