サブスクリプション

サブスクリプション(subscription)

音楽配信やネット雑誌の購読を利用するとき、サブスクリプションという聞きなれないワードが飛び出してきて「どういう意味だろう?」と迷ったことはありませんか。今回は今さら友達に聞きづらいサブスクリプションの中身について、徹底的に深堀りしていきたいと思います。サブスクリプションの例文もあわせてご紹介しますので、フレーズの正しい使い方にも注意してみてください。

サブスクリプションの意味とは

サブスクリプションの英語表記は「subscription」となります。英語のサブスクリプションには、会費・予約代金・予約購読・受付といった幅広い意味があります。日本語でサブスクリプションといったとき、多くは「定額制」の意味をもちます。たとえばサブスクリプション方式の動画配信サービスを利用したとき、毎月一定の金額を支払うとその会社が配信している動画が見放題できる…といった具合です。サブスクリプション型は期間に対してお金を払うという意味が強くなり、利用するサービスの多い・少ないに関わらず毎月・毎年一定の料金を支払う特徴があります。

サブスクリプションの由来

英語から派生したサブスクリプションは、インターネット社会の高まりとともに世界的にヒットしているビジネスモデルのひとつです。サブスクリプションの先駆けと言われているのが、アメリカに本社を置くアドビのソフトウェアです。2010年代の初めに他社より早くサブスクリプションを導入し成功を収めたのがアドビ。以来「毎月定額制」のシステムは音楽配信・動画配信などのITサービスを中心にヒットを続けています。

サブスクリプションの文章・例文

例文1.ライバル社がサブスクリプション方式を採用した
例文2.これからの時代を引っ張るには、サブスクリプションの導入が不可欠だ
例文3.ユーザーにとってもメリットが大きいのが、サブスクリプションです
例文4.安易なサブスクリプション方式は、企業の利益を狭めることに繋がります
例文5.>サブスクリプションにあぐらをかき過ぎず、新たなサービスを模索することが大切だ
2010年になって新たなビジネスモデルとして登場したサブスクリプション。分かりやすいスタイルですが、一方で月に数回しか利用しない人にとっては料金が高くなるデメリットもあります。自分のライフスタイルと照らし合わせて、満足のいく方式を選択することが大切です。

サブスクリプションの会話例

  • 質問者アイコン

    今月もたくさんビデオレンタルしてしまった…
    でもDVDを買ってしまうにはもっとお金がかかってしまうしな。

  • 回答者アイコン

    そんなに借りるのであればサブスクリプション方式の動画配信サービスにすればいいのに。

  • 質問者アイコン

    でも、忙しいときにはそんなに借りないからどうしようかと思って…

  • 回答者アイコン

    平均的に見て特になるほうにすればいいじゃない。それか入ってみて違うと思ったらやめてみたら?

サブスクリプションのようなサービスですが、様々なものがこの方式をすでに導入しています。調べてみると、本当にさまざまなものがありますので、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

サブスクリプションの類義語

サブスクリプションの仲間として「定額制」「月額制」などがあります。どちらも毎月一定の料金を支払うことで、企業が定めたサービスをたっぷり享受できます。これに対してサブスクリプションの反対の言葉が、プロダクトというビジネスモデルです。プロダクトは企業が消費者に対して「ユーザーが欲しいと思われるアイテム」を一方的に開発し、売るという従来のモデルになります。サブスクリプションはユーザーが主役ですが、プロダクトの場合は企業が主役になります。

サブスクリプションまとめ

ユーザーが必要なサービスを、必要なときに利用できるのがサブスクリプションの醍醐味です。毎月や毎年一定の料金を支払っておけば良いため、家計管理がラクになるメリットがあります。また企業側にとってもサブスクリプションは、毎月一定の利益を享受できるありがたい仕組みになります。サブスクリプションのサービスを利用するときには、毎月の利用回数を把握し「金額に見合ったサービスを受けられるのか」ジャッジすることも大切です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事