サスティナブルな地球を目指して協力する

サスティナブル(Sustainable)

コロナ渦によって日常が激変したのは間違いありません。経済の停滞や失速が日本だけでなく世界各国の大問題となり、活動再開しながら感染拡大を食い止めるのは至難極まりないからです。しかし、新しい価値観が生まれたのは思いがけない利点であり、今後も更にこの傾向が強まるのではないでしょうか。そんな新しい価値観の一つが「サスティナブル」で、流行ものに詳しい人は理解しているでしょうが、まだ一般にはそんなに広まっていないと思います。しかし、今後は確実に広まるので、この機会に詳しく解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

サスティナブルの意味とは

「サスティナブル」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると「持続可能」で他にも「持続できる」「耐えられる」等となり、環境問題から地球の資源を守る合言葉的に使われる。
(2)「サステナビリティ」(Sustainability)とも言われ、元々は持続や持続可能という意味だが、近年は地球環境の維持や継続として使われ、文明や経済の持続可能性としてコロナ渦の新時代到来の概念めいたものとなっている。

「サスティナブル」は2015年の国連サミットから注目を集めた言葉です。基本となる意味は上記の通りで、端的に言うなら、「地球の資源を大事にしましょう」という意識付けです。資源は限度があり、また水不足や海洋汚染、何よりも地球温暖化の気候変動は全人類の危機となっています。それを防ぐ為に、環境破壊をしないで地球を守る社会を目指す取り組みが「サスティナブル」なのです。よって、「サスティナブルな社会」「サスティナブルな取り組み」「サスティナブルな生活」といった言葉が、一つの共通認識となっています。これまでこの様な取り組みは大々的に行っても、一般人が本当に意識するのは高いハードルがありました。日常生活では目先の事に拘り、将来の地球資源や環境などはどうしても蔑ろな扱いとなるからです。しかし、コロナ渦が世界を席捲して日常が激変して、皮肉な事に人々や企業まで「サスティナブル」に対する意識が大きく変わりつつあります。オーガニックな「サスティナブルファッション」、環境に配慮した旅行・観光の「サスティナブルツーリズム」、仕事では「サスティナブルマーケティング」、「サスティナブルな買物」など新しい生活形式が急激に浸透し始めたのです。

サスティナブルの由来

「サスティナブル」は、2015年9月の国連サミットが一つの転換点となりました。言葉としては以前からありましたが、そこで開発目標である「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の「持続可能な開発目標」が始まりとなります。

サスティナブルの文章・例文

例文1.意識高い学生や若者は、サスティナブルに高い関心を持っているのは当然だ。
例文2.サスティナブルなファッションに身を包んで彼女とデートをした。
例文3.サスティナブルがポストコロナの最重要キーワードとなるのは間違いないだろう。
例文4.環境破壊や温暖化を止めるには、一人ひとりがサスティナブルな未来を作ると強く意識して行動するしかない。
例文5.今後は大企業ほどよりサスティナブルな企業に転換する様に求められる。

「サスティナブル」を企業や社会に若者などに使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

サスティナブルの会話例

  • 質問者アイコン

    毎日毎日、コロナニュースばかりだね。気分が重くなるよ。

  • 回答者アイコン

    今日の感染者数に始まり、外出のマスクは必須で、密にならないように注意する。疲れるねー。

  • 質問者アイコン

    でも、人々がサスティナブルに関心を持つようになったのは良い事だよね。

  • 回答者アイコン

    うん。特にアメリカや中国は温暖化防止でサスティナブルな国づくりの筆頭になって世界の見本になるべきよね。

意識高いカップルが、コロナから「サスティナブル」な世界について会話を繰り広げます。

サスティナブルの類義語

「サスティナブル」の類義語には、「維持」「永続」「エコロジカル」「エコロジー」などの言葉が挙げられます。

サスティナブルまとめ

「サスティナブル」とは、地球や自然環境を守り持続させる新しい考え方で、コロナ渦の影響もあり急激に浸透しています。所謂、「サスティナブルな社会」や「サスティナブルな生き方」が一つの共通認識となりつつあり、企業からファッションなど様々な分野に展開され、今後はさらに広がっていくと期待されています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事