アイデアをサジェスチョンする

サジェスチョン(Suggestion)

ビジネス用語には聞いたこともない横文字がたくさん出てきます。サジェスチョンもそのうちの1つです。「サジェッション」とも言います。英語の意味だと「提案する」ですが、「サジェスチョンする」と言い換えるとなんだか仕事ができる風に聞こえますね。このサジェスチョンをどのようなタイミングで使えばいいのか、意味や使い方、例文を見てみましょう。

サジェスチョンの意味とは

サジェスチョンとは英語でsuggestionと書きます。意味は「暗示・示唆・案・助言」などいろいろありますが、主な意味は「提案」です。言いにくければ「サジェッション」でも構いません。
「提案してみます」という言葉を「サジェスチョンしてみます」と言い換えるのが一般的と言えます。
また、サジェスチョンの元の意味は「暗示・示唆」も含んでいます。なので、「提案する」という意味合いで使いつつ、「気づかせる」というようなニュアンスもあります。
「サジェスチョンしてみます」という言い方は、「ちょっと気が回っていないようなので、注意をひいて見ます」というようなニュアンスとしても使えます。

サジェスチョンの由来

サジェスチョンの由来はsuggest「提案する」という動詞です。これがsuggestion(サジェスチョン)になると「提案」という名詞になります。これに「~する」をつけて動詞にしているというわけです。
「サジェストする」という言い方もあります。これは実際には「提案するをする」という意味になるので二重動詞になってしまい、文法としては間違っているのですが、言い方として流通しています。

サジェスチョンの文章・例文

例文1.部下が上司にサジェスチョンする
例文2.お前の案をサジェスチョンしてみたらどうだ
例文3.サジェスチョンを受け入れる
例文4.サジェスチョンを退ける
例文5.プレゼンを受けた各社のサジェスチョンを検討する
例文のように、基本的に「提案」の言い換えとして使われます。

サジェスチョンの会話例

  • 質問者アイコン

    携帯会社の営業は大変だなあ。お客さんの考えにも気を遣うし、会社のサービスも紹介しなきゃいけないし。

  • 回答者アイコン

    最初のうちは慣れてないから、どっちにも気を遣って大変よね。私は保険会社だけど、似たようなことを感じてたわ。

  • 質問者アイコン

    それって慣れるものなのかい?

  • 回答者アイコン

    そうね、会社のサービスの全貌が頭に入るようになると、自分のサービスに自信が持てるようになるのよ。そうなれば、意外と大胆にクライアントにサジェスチョンできるようになるわね。

上記は営業についての会話です。クライアントにもサジェスチョンという言い方ができます。

サジェスチョンの類義語

サジェスチョンの類義語を紹介します。これはシンプルに「提案」「提言」「申入れ」などの言葉で表現できます。サジェスチョンが元々「提案」を英語にしただけなので、日本語に戻せばいいというわけですね。

サジェスチョンまとめ

さて、ここまでサジェスチョンをまとめてみました。ビジネス業界で自由にこのような横文字が使えるようになると、より仕事ができるイメージが定着するかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事