コンティンジェンシーにも対応する

コンティンジェンシー(contingency)

この世界では、どんなに対策していても不足の事態により多くの損害を被ることがあります。想定外の自然災害では、多くの被害が出ますし、経済的な変動などがあれば多くの人が被害を受け、金銭的に厳しくなるでしょう。そんな起こりうる不測の事態をコンティンジェンシーといいます。今回は、そのコンティンジェンシーについて説明していきたいと思います。

コンティンジェンシーの意味

コンティンジェンシーは、不測の出来事のことである。

コンティンジェンシーの由来

コンティンジェンシーは、英単語の(contingency)に由来しています。

コンティンジェンシーの文章・例文

例文1.コンティンジェンシーに備えて、最善の対策を施す
例文2.自然災害によるコンティンジェンシーは多くの被害をもたらす
例文3.考えられるコンティンジェンシーに備えて対策することが大切である
例文4.新しい競合企業により、売上不振に陥らないようにコンティンジェンシー・プランを考える
例文5.経済的なコンティンジェンシーにより、売上が立たなくなる
コンティンジェンシーへの対策をコンティンジェンシー・プランということがあります。
よく使われてることがあるので覚えておくと良いでしょう。

コンティンジェンシーの会話例

  • 質問者アイコン

    この前のように想定外の自然災害が来た時に備えてコンティンジェンシー・プランを考えておく必要がある。

  • 回答者アイコン

    そうだね。国だけに頼るんじゃなくて、自分たちでも自然災害があった時の対策を考えておくのは大事なことだよ。

  • 質問者アイコン

    そうすれば、被害を抑えることもできるし、自分たちで身を守ることができるよ。

  • 回答者アイコン

    想定外の自然災害に備えて今からできることはやっておくよ。

コンティンジェンシーは、ビジネスシーン以外にも日常会話で使われることがあります。是非覚えておいてください。

コンティンジェンシーの類義語

コンティンジェンシーの関連語としては「フィジビリティ」「イノベーション」などがあげられます。

コンティンジェンシーまとめ

コンティンジェンシーは、主に悪い意味で使われることが多いです。それは、不測の事態が人類に悪い影響を与えることが多いからです。だからこそ考えられる不測の事態に備えて対策することが大切なのです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事