コンサルティング企業

コンサルティング(consulting)

大学生の就活における人気職種の1つとして名前が挙がるもののひとつに、「コンサルティング」という職種があります。実際、日本でも〇〇コンサルティングというように様々な分野のコンサルティング業があるわけですが、なぜこの職種が注目されやすいのか、どうして学生に人気があるのか、どういうものがコンサルティングと呼べるのかなど解説をしていきたいとも思います。

コンサルティングの意味

コンサルティングとは、企業の経営者や経営方針に携わる人物に対して、企業の発展につながるアドバイスを行ったり、業務の手伝いをする仕事のことです。コンサルティングを行う人のことをコンサルタント(consultant)と呼びます。一般的にコンサルティング会社は、何かの事業に特化した事業会社とは区別されるので、コンサルティングファームと呼ばれます。
コンサルティングというと難しいイメージがあるかもしれませんが、言葉の意味としては「相談に乗る」ことです。企業の経営課題の相談に乗る専門家というイメージです。

コンサルティングの由来

元々はコンサルティングという事業は存在しておらず、公認会計士や税理士がこれを行っていました。しかし20世紀後半になってくると、企業の経営課題の複雑化・多様か・IT化などの要因が生まれてきたため、コンサルティングという職種のニーズが高まるようになりました。

コンサルティングの文章・例文

例文1.来年の春から大手コンサルティングファームに就職することになった
例文2.私はコンサルティングをやっています
例文3.将来的に外資系のコンサルティングファームで働きたいと考えている
例文4.経営コンサルティングってどういうことをやるんだろう
例文5.私の友達はコンサルティング業界で働いている人が多い
コンサルティングというと企業の課題解決のスペシャリストというイメージがある反面、仕事がハードな印象もあるので、憧れや尊敬のマトになりますね。

コンサルティングの会話例

  • 質問者アイコン

    やったよ!コンサルティングファームの内定が取れた!

  • 回答者アイコン

    すごいじゃん!
    外資のとこだよね!?

  • 質問者アイコン

    そう!絶対ダメだと思ったのに!

  • 回答者アイコン

    大変だろうけど頑張ってね!

少し触れましたが、就活生でもコンサルティングファームへの人気は高い反面、狭き門でもあるので内定が取れた学生は相当な実力と結果を期待されます。

コンサルティングの類義語

コンサルティングはその業種の性質上、似たような職種や単語というものがありません。あえて近い言葉をあげるなら、「アドバイザー」が近いのではないでしょうか。

コンサルティングまとめ

一般的に給与水準の高さが知られているコンサルティング業界ですが、その反面仕事のハードさや業務難易度の高さも有名です。転職や就活の際には自身の適正なんかも合わせて判断するといいのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事