コロナ禍に対応する女性

コロナ禍(ころなか)

「コロナ禍」と表記されるニュースを目にする機会も多くなってきていると思いますが、読み方がわからないという方も多いのではないでしょうか。普段それほど使う言葉ではなく、難解な言葉ですので、今回は「コロナ禍」について詳しく紹介していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

コロナ禍の意味とは

「コロナ禍」の「禍」は「か」と読みます。「禍」は不幸をひきおこす原因や喜ばしくない出来事を指す言葉となります。よって「コロナ禍」とは新型コロナウイルスの影響で大変な不幸や大変な出来事になっている事を意味します。

コロナ禍の由来

現在、世界的に影響を与えている新型コロナウイルス。その影響力はすごく、経済や交通など、全国で緊急事態宣言が発令される異例の出来事もあり、私達の生活全般に影響を及ぼしているのではないでしょうか。
そのような中で生まれた言葉が「コロナ禍(ころなか)」です。「禍=災難・災い・不幸」の意味があり、新型コロナウイルスがなければ使わなかった言葉であると言えるかもしれません。

コロナ禍の文章・例文

例文1.世界は今、混沌としておりコロナ禍にある。
例文2.もっとコロナウイルスが拡大すると、コロナ禍が深刻化してしまう。
例文3.三密を避け、コロナ禍から抜け出すことが先決だ。
例文4.コロナ禍でも、マスクをせず平気な人もいる。
例文5.世界がコロナ禍でも、そのような状況に負けないように元気でいることが大切。
世界では今でも感染拡大しており、まさに今の状況がコロナ禍と言えますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

コロナ禍の会話例

  • 質問者アイコン

    最近、全部のニュースが新型コロナウイルス一色だね。

  • 回答者アイコン

    仕方ないね。先が見えないし、世界はコロナ禍だからね。

  • 質問者アイコン

    そうだよね。本当に今までの生活ができない状態にあるからね。

  • 回答者アイコン

    でも、コロナ禍の中でも、元気な自分たちがマナーを守って元気を与えないといけないね!

コロナ禍にある今だからこそ、協力して不要不急の外出は避けましょう。

コロナ禍の類義語

「コロナ禍」に関する言葉でとしては、やはり新型コロナウイルス関連の言葉が多くなりますが、「営業自粛要請」「ロックダウン」「歴史的緊急事態

コロナ禍まとめ

「コロナ禍」の解説はいかがだったでしょうか?ニュースなどでは「コロナ禍」によって多くの人々の生活が脅かされていますが、今は出来る事を各々が協力しながら感染拡大を防ぎ、1日も早い回復を待つしかないですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事