コロナ残業が続いて疲弊する男性

コロナ残業(ころなざんぎょう)

現在、日本では一日8時間、週40時間が法定労働時間として決められています。この基準を超えて労働することを「残業」と言います。今現在の日本では、新型コロナウイルス感染拡大の波を受けて、企業の倒産や、労働者の失業が相次いでいます。一見、現在の社会は「残業」とは離れていっているようにも感じますが、この「コロナ禍」で一部の人たちはかなり長時間の「残業」を強いられています。今回はそんな「コロナ残業」について詳しく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

コロナ残業の意味とは

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、一部の労働者が強いられるようになった法外な長時間の「残業」のことです。このコロナ禍によって、テレワークへの移行や営業休止によって、多くの方は仕事が減ったと感じているかもしれません。しかし、私たちのライフラインを維持する上で必要な食料や日用品が購入できるスーパーなどでは、多くの方が過酷な労働を強いられています。また、その他にも前橋市で新型コロナウイルスに関する対応をする市保険予防課の職員の一人の、3月の「残業」が、過労死ラインを超える100時間以上に及んでいたということがわかっています。

コロナ残業の由来

今回の新型コロナウイルス感染拡大によって、極一部の職業の方達にのみ長時間の「残業」が強いられるようになったことから、「コロナ残業」と言われています。

コロナ残業の文章・例文

例文1.私はコロナ残業とは無縁の生活を送っている。
例文2.保健予防課の職員達にとって、コロナ残業は当たり前のことである。
例文3.コロナ残業をなくすための取り組みはまだ行われていない。
例文4.コロナ残業を行っている人には、特別な手当てを支給します。
例文5.コロナ残業を減らすには、私たち個人の不要不急な電話相談も減らす必要がある。
過労死ラインを超える「残業」はないに越したことはありませんが、起こってしまった以上はその人達にそれなりの手当てを支給しなければいけませんね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

コロナ残業の会話例

  • 質問者アイコン

    新型コロナウイルスのおかげで、うちの会社もテレワークになったし、働く人には嬉しい変化が起こっているよね。

  • 回答者アイコン

    そうとも言えないよ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、市の保健予防課を担当する職員さんは先月の残業が100時間を超えていたそうよ。

  • 質問者アイコン

    100時間!?確か80時間が過労死ラインとして定められているよね。極一部の人にかなり大きな負担がのしかかっているんだね。

  • 回答者アイコン

    私たちも不要不急の外出はもちろん、わからないことがあってもすぐに電話で相談するんじゃなくて、インターネットを使って自分たちで出来る限り調べるようにしないとね。

不安になってしまうのもわかりますが、大抵の情報はネットで検索すれば見つかるので、まずは落ち着いて自分で自分たちで検索して調べる余裕を持ちたいものですね。

コロナ残業の類義語

「コロナ残業」の類義語としては、「法外残業」「サービス残業」「時間外労働」が挙げられます。

コロナ残業まとめ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、社会ではテレワークの普及などの良い変化が見られる一方で、一部の人たちは、過労死ラインを大きく超える時間の残業を強いられています。前橋市の保健予防課には毎日200件近くの電話相談がかかってくるそうです。まずは落ち着いて自分たちでできる限りの情報を集めようとする姿勢が、そういった職員の方達の負担を減らすことに繋がるかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事