コルチゾールの影響

コルチゾール(cortisol)

ホルモンと聞くと何を思い浮かべるでしょうか?焼肉をイメージする人は少なからずいるでしょう。しかし、今回解説していくのは、体内の働きとして存在しているという観点のホルモンです。中でも「コルチゾール」というホルモンに関して、解説をしていきたいと思います。

コルチゾールの意味

コルチゾールというのは副腎皮質ホルモンある糖質コルチコイドの一種です。体にとって必要な3大栄養素である、糖質(炭水化物)・タンパク質・脂質の代謝を制御する働きを持っている重要なホルモンでもあります。日常生活の中でのストレスによっても発散されるため、その分泌量によってはダイエットに支障をきたしたり、免疫機能の低下や不妊という現象を引き起こす可能性もあります。
近年においては、このコルチゾールの大量分泌が原因で脳の「海馬」が萎縮するという現象も発見されています。つまりコルチゾールは体にとってなくてはならないものである反面、分泌されると体に様々な異常をきたすというものです。

コルチゾールの由来

コルチゾールはコルチゾンという物質から生成されるため、その名前で呼ばれています。ちなみにコルチゾンはコレステロールからプレグネノロンを経て生合成されます。

コルチゾールの文章・例文

例文1.ストレスがたまるとコルチゾールが分泌される
例文2.コルチゾールが分泌されやすい体質
例文3.コルチゾールに関する研究をする
例文4.コルチゾールを知ることはダイエットにもつながる
例文5.どうしたらコルチゾールが過剰分泌されないような生活を送れるだろう
コルチゾールは決して悪いものではありませんが、過剰分泌は体に良くありません。

コルチゾールの会話例

  • 質問者アイコン

    最近仕事でのストレスがすごいんだよね。

  • 回答者アイコン

    大変だね。
    最近太ってきてるのってそのせい?

  • 質問者アイコン

    やっぱりそうかな!?

  • 回答者アイコン

    ストレスでコルチゾールが分泌されすぎてるんじゃないの?

コルチゾールに関して知ることは体のコントロールにも多少繋がります。

コルチゾールの類義語

コルチゾールはストレスによってその分泌量が増えることから、別名「ストレスホルモン」とも呼ばれています。

コルチゾールまとめ

コルチゾールに関して簡単にまとめてみました。深く知っていくとさらに体のことに関しての知見が深まるので、興味がある人は是非、調べてみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事