コミットの意味を理解する

コミット(Commitment)

自分の中で決意を固めた際に、それを人に公表して目標としたことはありませんか?ビジネスにおいてもタスクや目標をコミットしていく事は非常に重要なことです。今回はそれに関連づく言葉である「コミット」について意味や使い方をわかりやすく解説していきます。

コミットの意味とは

実はコミットにはいくつかの意味合いがあります。1つ目は、結果を出す事です。何かしらの目標設定をして、その目標を達成した際に、○○にコミットしたという言い方で用います。2つ目は、約束そのものに対して使います。1つ目と2つ目は似ていますが、微妙に違っていて、「結果」に対して使う「目標」に対して使うかの違いになります。3つ目はITの専門用語で、データベースにおいて、トランザクション処理が完了することを意味します。また、CMで流行した「結果にコミット」は、「結果を出すことを委ねる」「結果を出すことを約束する」といったような意味になります。

コミットの由来

コミットの由来は英語の「Commitment」から来ています。責任を引き受ける事や責任を持って約束するという意味になります。ここから派生して、ビジネスシーンでコミットという言葉使われるようになりました。

コミットの文章・例文

例文1.売上を上げることにコミットして、結果を達成する
例文2.体重を減らすことにコミットすると友人に公言した
例文3.コミットできない事を軽々に発言すべきではないと反省する
例文4.この課題を1週間以内に終わらせることをコミットします
例文5.嫌いな食べ物を食べれるように食生活の改善を行い、好き嫌いをなくすことをコミットします
ITに関しては専門用語として扱われるので、あまり使用するタイミングが無いかもしれません。基本的には目標を達成した際か、目標を立てて決意表明するようなタイミングで用いられるかと思います。

コミットの類義語

コミットに近い、もしくは同じような意味を持つ言葉としては、「約束する」「確約する」「関係を持つ」「関わる」といったような言葉が挙げられます。また、約束という意味合いを持つ単語としては「プロミス」があります。「コミット」はこの「プロミス」よりも意味合いの強いものになります。

コミットまとめ

会社のCMで世間に認知されるようになったこの単語ですが、3パターンの意味合いと使い方があることがわかりました。日常生活の中で、なにか目標を立てて実践するという事は少なくはないと思います。認知されるようになってきて、かつ使いやすい言葉なだけに、どういうタイミングで使うのが適切なのかなど再確認してみるのも良いかと思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事