コストリダクションをして利益を出す

コストリダクション(cost reduction)

第一線の仕事現場で働いていると、今まで聞いたことのないビジネス語に触れて、戸惑うこともあります。「コストリダクション」も最近話題になっている言葉のひとつ。デキるビジネスマンになる為に、コストリダクションの正確な意味について解説をしていきます。

コストリダクションの意味とは

コストリダクションは、いわゆるコストカット・経費削減を示しています。生産の現場で非効率的な仕事がおこなわれていないか、在庫管理にロスはないのか、販売や店舗運営に非合理なところはないのか。徹底的に無駄を洗い流していく手法を表しています。コストリダクションを適切におこなうと、企業の利益が上がりブランド力も自ずと上がっていきます。

コストリダクションの由来

コストリダクションは英語の【Cost Reduction】から使われている言葉です。似た言葉のコストダウンはアメリカでは使用されない言葉で、コストリダクションの方が一般的によく使われています。海外では日本と同じようにコストや原価を削減することを、コストリダクションと呼んでいます。

コストリダクションの文章・例文

例文1.コストリダクションが成功して、業績が右肩上がりになった。
例文2.新社長になり、コストリダクションの方向性が示された。
例文3.取引先がコストリダクションをおこなったため、受注が激減した。
例文4.コストリダクションの具体的な方法について、社内会議が開かれた。
例文5.コストリダクションで生産ラインの見直しがおこなわれた。
ひと口にコストリダクションと言っても、実に色々な方法があります。クオリティを維持しながら、原価のプライスを下げていくコストリダクション。経営陣の手腕が求められる、難易度の高いテクニックです。

コストリダクションの会話例

  • 質問者アイコン

    日本の景気はどうなっていくのかな?

  • 回答者アイコン

    貿易摩擦が尾を引いているから、先を読むのは難しい状態だね。

  • 質問者アイコン

    原材料の値段が上がっているから、どのメーカーも苦しそうね。

  • 回答者アイコン

    コストリダクションを実施して、企業努力をしていくのが大切になりそうだね。

これからの日本の行方について、ディベートをおこなっている日本の学生。トークに出てきたように、日本の景気が先どまり感を見せる中、どう利益を確保していくのか。力強いコストリダクションの手腕が、各企業に求められていると言えそうです。

コストリダクションの類義語

コストリダクションの類義語として、「コストコントロール」があります。コストコントロールは商品のクオリティを維持したまま、原価を見直そうという…最近増えてきた企業倫理です。ただその結果としてメーカーが下請け企業・協力会社に過度な負担を強いている事も問題となっています。

コストリダクションまとめ

企業の儲けが上がらない時、その根本を見直してみる必要もあります。コストリダクションは生産や流通・販売などすべてのツールを改めて見直す、構造改革のことを指しています。コストリダクションを実施することにより、企業の利益は増加。ただ間違った方法を取ると企業倫理の低下や品質悪化につながる恐れもあるため、慎重におこないたい手法になります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事