ココナッツオイルを使う

ココナッツオイル(coconut oil)

世の中には様々な種類の油というものが存在しています。油というと一般的には太りやすいという印象がありますが、一概に太りにくいものとは限りません。例えば「ココナッツオイル」というものは知っているでしょうか?体にいい油として知られていますが、どういうものなのかを解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ココナッツオイルの意味

ココナッツオイルというのは、ココヤシ(植物)から取れる油のことを指しています。正確にはココヤシの実の種子にあたる部分からとれる胚乳を乾燥させたものを圧搾するなどしてとれる原油から精製されたものになります。商品の状態として加工されたものの特徴としては、室温が20度以下だと固まってしまい、20〜25度でクリーム状に、25度以上で透明の液状になるという特性があります。
食用として用いられるココナッツオイルは、中鎖脂肪酸の含有率が高いことから消化や代謝が早いためダイエットや病人食として用いるのに最適とされています。ちなみに、ココナッツオイルは揮発性が高いため直接加熱するものとしては不向きです。従って、コーヒーに入れる、パンに塗る、調理して加熱された食材にのせる(バターを使う感覚)で用いるのがいいでしょう。

ココナッツオイルの由来

日本ではヤシ油という表現の仕方もしますが、ヤシには大きく分けて「ココヤシ」と「アブラヤシ」が存在しています。日本人はヤシ油というとココヤシのイメージが強く、混同を避けるためにココヤシから取れた油をココナッツオイルと表現しています。

ココナッツオイルの文章・例文

例文1.ココナッツオイルをコーヒーに入れて飲む
例文2.ココナッツオイルをパンに塗る
例文3.ココナッツオイルは健康に良い
例文4.ココナッツオイルを買ってみた
例文5.友達からココナッツオイルを勧められた
実際、健康食品として広く知られています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ココナッツオイルの会話例

  • 質問者アイコン

    少し健康のことを考えようと思って、ココナッツオイルを買ってきたんだ。

  • 回答者アイコン

    ヘぇ〜。
    私使ったことないんだよね。

  • 質問者アイコン

    じゃあ一緒に使って、二人で健康になろうよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね!じゃあ早速今日から使ってみうよう!

ココナッツオイルはジャムのような瓶に詰められた状態で売られていることが多いです。

ココナッツオイルの類義語

ココナッツオイルには、その特性と似た油が存在しています。それが「MCTオイル」というものです。ココナッツオイルと同じ中鎖脂肪酸の油ですが、こちらはココナッツオイルよりも純度が高いものになります。

ココナッツオイルまとめ

ココナッツオイルに関してここまでまとめてみました。健康に良いので、是非使ってみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事