グローバル化する

グローバル化(ぐろーばるか)

今では通信環境や交通手段が発達してきており、移動や情報の交換などが容易になってきていることから、日本でも様々な企業がグローバル化し世界進出しています。今はグローバル化、グローバライゼーションとも呼ばれていますが元々はグローバリゼーションと呼ばれる言葉です。グローバル化という言葉の意味など解説していきます。

[adstext]
[ads]

グローバル化の意味

社会的、経済的に地域や国家などを超えて様々な変化を引き起こす現象のこといいます。
日本では「世界規模化」「世界進出」というような意味で使われています。
グローバル化することのメリットは、労働者を安い賃金で雇用できるため生産コストの削減が可能だったり、文化や技術の発展、関心を高めることで国際的な協力を得やすくなるなどが挙げられます。

グローバル化の由来

グローバルという言葉は「グローブ(globe)」からきており「球状の」という意味の英語です。それからビジネス業界で地球全体を視野に入れているというようなイメージで「世界規模の」という意味で使われるようになりました。

グローバル化の文章・例文

例文1.大手の企業がグローバル化をしアメリカにも会社を立てるそうだ
例文2.グローバル化したおかげで海外でも人気が出てかなり売上が伸びている
例文3.グローバル化すると人件費などの費用が安くなるなどのメリットがある
例文4.国によっては日本が歓迎されなかったりとグローバル化しようにも問題は多い
例文5.同じ業界の会社が次々とグローバル化していってるので少し焦っている
メリットばかりではありませんが、グローバル化し様々な国や地域で日本のものが売られ文化が親しまれている様子はとても嬉しものですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

グローバル化の会話例

  • 質問者アイコン

    今では高校の修学旅行とか授業の一環で海外にホームステイしたりとか教育もグローバル化してるんだって?

  • 回答者アイコン

    そうみたいだよ
    私の友達も授業の一環で半年ホームステイしたって言ってた。すごいよね。

  • 質問者アイコン

    すごいよなぁ。もうビジネスとか企業だけの話じゃないんだね。

  • 回答者アイコン

    海外に興味ををもって、現地で働いたり学習するって大事なことだよね。

教育のグローバル化について会話をする男女の会話になります。

グローバル化の類義語

グローバル化の類義語には「世界規模化」「地球規模化」「グローバライゼーション」などが挙げられます。

グローバル化まとめ

世界に企業などを展開することで様々な国と交流が深まったり、低コストで生産でき、輸入や輸出による費用もなく安い値段で提供できて結果売上が伸びるなどメリットが多くあります。ただ、全ての国、地域で受け入れてもらえるわけでもないので交渉の仕方や忍耐力やコミュニケーション力など様々な問題が出てきます。簡単なことではないですが、日本の経済の発展にはグローバル化していくことも大切になってきます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事