グランドデザイン

グランドデザインという言葉は、大きなという意が含まれます。これは、短期的な視野ではなく、広域な長期の計画を意味するものです。

グランドデザインの意味とは

グランドデザインは、デザイン用語ではありません。企業が計画を行うのに、何か年という数字で目標を出しますが、グランドデザインでは、それよりも、よりロングスパンな意味を提出します。つまり、一個の企業では計れない未来性を含んだ言い方です。

グランドデザインの由来

グランドデザインという言葉は、建築で例えると、一個の建造物がその地域にとって未来に渡り、どのような作用を及ぼすかを計算することを指します。つまり、建造物が都市計画の一端を担っているかの話なのです。これは、言い換えると、計画経済の中での経済波及効果を意味するようなものです。地域の計画案を建てるのに、このグランドデザインという用語の仕様の由来があります。

グランドデザインの文章・例文

例文1.建造物が市民社会にどう作用するか、先にグランドデザインの観点をもつ
例文2.インフラを整備して、今後何十年それがどのように活用されるかはグランドデザインに依る
例文3.民間のまとめる計画を一括して、グランドデザインによる会議を開かなくてはならない
例文4.グランドデザインの基本構成には、環境美化や衛生状況の改善を含む
例文5.グランドデザインは、一企業の話だけでは収まらない

グランドデザインの類義語

グランドデザインの類義語に全体計画・総括未来構造があげられます。

グランドデザインまとめ

グランドデザインは、都市計画の立案にふさわしい用語です。そのグランドデザインに依る未来高層が、その地域社会でどのように貢献するのかは、企業の儲け理論で計算はできないのです。つまり、官民一体のプラン建ては必要になります。官主導だけでは無理なはなしであり、民間だけの独立事業体では、バラバラになる恐れがあります。グランドデザインはそして、何十年もの先を想定しなくてはなりません。

この記事を読んでいる人に人気の記事