クロージング(closing)

「クロージング」とは、イベントや取引などを終えることや、最終的な契約を結ぶ時など、ビジネス面において商談の最後に契約をまとめるトークや方法を指す事が多い言葉です。営業力においては、このクロージングの能力による所もあり、日々研究や悩まれたりしている方も多いのではないでしょうか。今回はその「クロージング」について解説いたします。

[adstext]
[ads]

クロージングの意味とは

クロージングの意味は以下の通りです。
・イベントや催しを終えること
・売買の取引を終えること
・閉幕すること
・商品や証券などの受け渡しを終えること
・最終的な契約を結ぶこと
・商談を成立させること
特に使われる事が多いシーンとしては、ビジネスの契約をするか否かのトークの場面で使われる事が多く、営業マンにとってはクロージングの能力は非常に重要であると言われています。

クロージングの由来

「クロージング」は、英語の終えるという意味の「close」を進行形にした「closing」を、そのまま日本語として使われるようになりました。飲食店などでは閉店後の締め作業を「クローズ作業」や「クロージング作業」と呼ぶこともありますね。

クロージングの文章・例文

例文1.この駅構内のイベントは、来週末でクロージングする。
例文2.クロージング力を高めるために色々と努力する。
例文3.今月の契約のノルマは、あと3件クロージングすることだ。
例文4.成績の良い営業マンは、クロージングトークが秀でている。
例文5.仲介業者としてクロージングまでサポートを行う。
「クロージング」を使った例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

クロージングの会話例

  • 質問者アイコン

    今度近くに引っ越しをしようと思ってるんだけど、中々良い物件が見つからないんだよね。

  • 回答者アイコン

    駅前のA不動産に行ってみなよ。あそこは評判もいいし、クロージングまでしっかりサポートもしてくれるらしいよ。

  • 質問者アイコン

    それはいいね、ありがとう。

  • 回答者アイコン

    いい物件見つかるといいね。

物件探しについて話す様子です。この場面では“契約の締結”という意味で使われています。

クロージングの類義語

「クロージング」の類義語は、「契約締結」や「閉幕」、「取引完了」などです。

クロージングまとめ

「クロージング」は、イベントを終えるという意味や、取引、契約を完了させるなどという意味がありました。因みに、オリンピックの閉幕式は“クロージングセレモニー”と呼ばれていて、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、安倍首相が東京五輪への引継式でマリオの姿で登場したことで、世界的にも注目を集めました。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事