クロッフル(くろっふる)

「クロッフル」とは「クロワッサンとワッフルを合わせた韓国発祥のSNS映えする注目スイーツ」です。日韓関係は冷え込んでいるとニュースで報道されますが、新宿新大久保に行くと若い女性達の韓国好きには驚くばかりです。街には可愛い雰囲気と甘い韓国スイーツの専門店が軒を連ね、一昔前は韓国料理といえば焼肉とキムチぐらいでしたが、今ではそんな事を言うと時代錯誤と笑われてしまいます。

[adstext]
[ads]

クロッフルの意味とは

「クロッフル」の意味は以下の通りとなります。
(1)韓国発祥のワッフル風スイーツで、日本でも若い女性を中心に人気となっている。
(2)クロワッサンとワッフルを合わせた韓国発スイーツで、女子高生達がアイスやチョコでオシャレにトッピングした画像をSNSにアップすると一気に注目を集め、東京や大阪でメニューにあるカフェは人気店となり、手作りのレシピ動画も多数投稿されるブームとなる。
「クロッフル」は韓国で人気となったクロワッサンとワッフルを合わせたような新感覚のスイーツ(デザート)で、日本でも若い女性から支持されています。見た目はワッフルに近いですが、アイスクリームやチョコレートなどをトッピングアレンジするとSNS映えする事から大人気となりました。最近は韓国発祥のスイーツが日本の若い女性から支持されると、SNSには大量の画像が集まり、東京だけでなく地方のカフェなどがメニューに取り入れ提供する流れが確立されていますが、「クロッフル」も当然その流れに乗っています。東京や大阪には「クロッフル」が食べられるカフェが何軒も出現し、若い女性達が行列を作っています。また、自宅での「手作りクロッフル」も人気で、レシピ動画を参考にして作る人が後を絶ちません。

クロッフルの由来

「クロッフル」は韓国で2020年頃から人気スイーツとなり、日本では翌年頃から若い女性を中心に広まっていきました。語源としてはワッフルの韓国語発音は「ワップル」となり、それにクロワッサンを合わせて「クロップル」と発しますが、これが日本語では「クロッフル」として定着しました。

クロッフルの文章・例文

例文1.娘がせがむので休日返上でクロッフルを食べに行ったが、その時はこれが一緒に過ごす最後の時間になるとは想像もできず、今では悲しい味という印象しか持っていないし二度と食べる事もないだろう。
例文2.現代は情報戦なので韓国の国家ぐるみの策略に若い女性達はまんまと乗ってしまってクロッフルなどを絶賛しているが、それを黙って傍観するだけの男性陣もなかなかな日本政府に対する反逆者だ。
例文3.クロッフルの次に流行る韓国スイーツをいち早く導入すれば、一攫千金も夢ではない。
例文4.甘いクロッフルなどのスイーツに激辛料理も大好きで、おまけに自撮りをしてはせっせとSNSに投稿をして、仕舞いにはジェンダー平等を訴える割には貧しい男や臭い中年オヤジに肥満男をとことん毛嫌いし、自分達は整形と化粧を延々と繰り返すそんな女性達が日本を元気で幸せな国にしてくれると願う。
例文5.クロッフルがブームと知って、コンビニを探した回ったが残念ながら売っていなくてガッカリ。
若者に人気の「クロッフル」を様々な出来事に取り入れた例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

クロッフルの会話例

  • 質問者アイコン

    おーい、クロッフルを買って来たぞー。

  • 回答者アイコン

    本当? 忘れて買ってこないと思ったのに…、ありがとう。一度食べてみたかったの。

  • 質問者アイコン

    随分並んで買ったんだぞ。周りは若い子達ばかりで、場違いから恥ずかしかったよ。

  • 回答者アイコン

    ごめんなさい。それより早く食べましょうよ。

夫が仕事帰りに妻が楽しみにしていた「クロッフル」をお土産として購入してきたという内容です。

クロッフルの類義語

「クロッフル」の類義語には、韓国人気スイーツとして「ボンボン」「トゥンカロン」「ルベンクッキー」「センイルケーキ」などの言葉が挙げられます。

クロッフルまとめ

韓国で大人気のスイーツ「クロッフル」は日本でも若い女性を中心に一大ブームとなり、東京などには専門店がオープンしたり人気カフェがメニューに取り入れ、手作りに挑戦する人達も増えています。チョコなどで可愛くトッピングするとSNS映えし、昨今の韓国人気も相まって若い女性には他の定番スイーツを押しのけるほど支持されています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事