クリエイティブ

何かしらの制作物をつくり発表するとき、重要な要素の1つといえるのが、作者の個性が見えるかどうか。世の中に無数にある同ジャンル・ライバルの作品とは異なる着眼点、発想を示さなければ埋没してしまいます。
自らの内に眠る表現を具体化し、この人にしかつくれない、表現できない要素というものが必要不可欠。その様な独創性・創造性を言い表す言葉として使われるのがクリエイティブです。

クリエイティブの意味とは

語句としては、創造的な・独創的なという意味を持ち、独自の表現や個性を持つ創造性を形容するものです。何かを言い表すとき、クリエイティブを冠しているのなら、それは他とは重ならない個性があるということ。独自性が強く、唯一無二といえるものであることを主張しているのです。

この様に独自の創造性があるものを形容する語句ですが、業界用語として使用されることもあります。広告・デザインなど業界ではクリエイティブを制作物やその素材、制作者や制作部門の意味で用いています。独創的なアイディア・表現が求められる業界ならではの使い方といえるのではないでしょうか。

クリエイティブの由来

由来となっているのは英単語のcreativeという形容詞で、カタカナ語となってもその意味は変わりません。語源としてはラテン語のcreareに繋がり、この単語は産み出す・創り出すといった意味を持ちます。

クリエイティブの文章・例文

例文1.あの人はクリエイティブな芸術で世間をあっと言わせた。
例文2.この文章にはクリエイティブな視点と表現を感じる。
例文3.これまでにないクリエイティブな表現を求めて試行錯誤する。
例文4.創作者たるもの常に新鮮な視点でクリエイティブするべきだ。
例文5.頑張って制作した作品はクリエイティブが足りないと不評だった。
クリエイティブは単語としてみれば形容詞ですが、日常生活では様々な用法で柔軟に活用されています。先に上げた通り、業過用語としての意味もあるため、言葉本来の意味に捕らわれると解釈に齟齬が生じることも。シーンにあわせて適切に解釈することが求められる語句です。

クリエイティブの類義語

類義語としては、オリジナルという単語があります。オリジナルは、創作物・表現の原型・原典、独創的な物事や事象を形容する意味合いを持つ語句です。
クリエイティブと同様に、この言葉を冠するものは、類似性のない独自の個性が宿ることをイメージさせます。ただし、原型・原典という意味が示す通り、オリジナルには物事の始まりという概念が含まれています。同じ独創性を言い表すとしても、言葉が持つイメージが異なることを忘れてはいけません。

クリエイティブまとめ

頭の中にあるカタチを現実のものとするとき、既存のものとは違う視点・表現が求められます。具現化する作業は、とても苦しく大変なものですが、それが認められたときの嬉しさ、喜びは素晴らしいものです。
アイディアを出すためには、常日頃からネタ出しや物事の考察といったクリエイティブな視点を持つべきでしょう。日々の生活の中から新しい発見・考えを生み出し、毎日をクリエイティブに楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでいる人に人気の記事