クラッカーと呼ばれる人

クラッカー(cracker)

「ハッカー」という言葉は皆さんもよく知っている言葉かもしれませんね。会社などのコンピュータネットワークに侵入するなどして不正な行いをする者のことを指した言葉ですが、実はそれは厳密に言えば間違っている言葉です。
そのような悪事を働く者に対して扱われる正式名称はこの「クラッカー」という言葉となっています。
今回はそんな「クラッカー」という言葉について、深く掘り下げていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

クラッカーの意味

クラッカーとは、会社などのコンピュータ内のネットワークに外部から不正に侵入するなどして、情報の破壊行為、改ざん行為など、意図的に迷惑をかける行いをする者に対して用いられる言葉となっています。
ハッカーという言葉はもともとプログラムを分析することが好きなコンピュータ愛好者のことをを指した言葉となっており、クラッカーとは全く別の意味の言葉となっています。

クラッカーの由来

クラッカーの由来は「ハッカー」という言葉が生まれたのと同時期であるとされています。
ハッカーという言葉は1950年代末、米国MITの趣味を目的としたサークルであるTech Model Railroad Club(TMRC)という活動において用いられ始めたことが一説では由来とされているため、クラッカーという言葉もこの頃に生まれた言葉であることが考えられます。

クラッカーの文章・例文

例文1.クラッカーが侵入してきた。
例文2.なんてことだ。クラッカーにデータを破壊されてしまったようだ。
例文3.このクラッカーは一体どこから来たんだ。
例文4.クラッカーによって不正侵入が試されている!みんなインターネットを切って!
例文5.彼は能力が高いエンジニアであるがゆえ、クラッカーという存在になってしまった。

クラッカーになれるという時点である種すごいことかもしれませんが、それでも興味本位で犯罪者になってしまう。それは確実に間違っていることと言えるでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

クラッカーの会話例

  • 質問者アイコン

    最近、携帯が勝手に動く時があるんですけど、これって仕様なんですかね?

  • 回答者アイコン

    えっ!それは確実におかしいですよ!クラッカーの仕業かもしれません。

  • 質問者アイコン

    そうか今って携帯もパソコンみたいになっている分、侵入されてしまうんですね。

  • 回答者アイコン

    いやそんな呑気なこと言ってる場合じゃないです!

今はスマートフォンという、携帯電話がもう少し前のパソコン以上のスペックを持ったパソコンのような状態になっているような時代であるため、侵入するためのアプリなどを携帯に入れてしまうと、そこから侵入を許してしまうといった事件も起こっています。

クラッカーの類義語

クラッカーの類義語としては、「ハッカー(hacker)」、「デストロイヤー(destroyer)」などが挙げられます。

クラッカーまとめ

クラッカーは外部のコンピュータネットワークに侵入できるという、高い技術力を有していることが前提の存在であるため、アニメや漫画では沢山のモニタとパソコンに囲まれ、現実社会においても知能が高く、有能で格好いい存在であるように描写される機会があるこのクラッカーですが、ただその能力を悪事に使っているだけである点において、結局のところただの犯罪者であることに変わりはありません。
それができること自体は素晴らしいことかもしれませんが、やはりそういった能力は社会に役立ててこそと言えますよね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事