クラウドソーシング

クラウドソーシングは、不特定多数からの寄付やサービスが得られ、アイディアやコンテンツを取得できる大変便利なツールとなっています。しかし、日本ではランサーズやクラウドワークスなどクラウドソーシングサイトが有名であり、そこでのビジネスと捉えられています。
インターネットビジネスの一つである「クラウドソーシング」は、発注側である企業などは低賃金で業務を委託でき、受注側であるフリーターや主婦は自宅で自由に働けるメリットがあります。

クラウドソーシングの意味とは

群衆である「crowd」と業務委託の「sourcing」を合わせた俗語が、「クラウドソーシング」(crowdsourcing)で、2000年代半ば頃から台頭してきました。
クラウドソーシングは、インターネットを使う事で不特定多数の人に、ウェブやアプリなどシステム開発、デザイン、文書作成などの仕事を依頼するサービスで、在宅ワークの一つに該当します。仕事をする方にも、自宅でパソコン一台があればちょっとした小遣い稼ぎになる事から、副業や本業としても年々人気や注目を集めています。
メリットが多い一方、デメリットは低報酬や安定的な仕事にならない、依頼者との連絡などでトラブルが相次ぐのも事実です。
しかし、今後はクラウドワークスが新しい仕事形態になるのは避けられそうになく、日本政府も2030年には労働者の1/3が、クラウドワークスのような仕事から賃金を得ると予測しています。

クラウドソーシングの由来

雑誌編集者のジェフ・ハウ氏とマーク・ロビンソン氏によって生み出された俗語が、「クラウドソーシング」です。2006年に発売された雑誌「WIRED」で、クラウドソーシングの定義を既に明確に説明し、その後2010年前後には共感したクラウドソーシングサイトがいくつも立ち上がり、新しいビジネススタイルを提供する事に成功しました。

クラウドソーシングの文章・例文

例文1.クラウドソーシングは問題も多いが改善されつつある
例文2.低賃金がクリアーできればクラウドソーシングも発展する
例文3.不安定な雇用形態で完全なら実力主義がクラウドソーシングである
例文4.案件数が多いクラウドソーシングを利用すべき
例文5.アンケートなどクラウドソーシングには簡単仕事も多い
ネットを使った仕事がクラウドソーシングなので、そのような例文が多くなります。また、問題点が依然多いのも事実で、否定的な記事がネットには溢れています。環境が改善されれば、肯定意見も今後は増えていくでしょう。

クラウドソーシングの類義語

クラウドソーシングの類義語としては、「外注」「アウトソーシング」「ネットビジネス」などの言葉が挙げられます。

クラウドソーシングまとめ

ネットの普及により誕生した、従来とはまったく違う仕事スタイルがクラウドソーシングです。ネットとパソコンがあれば、どこでも好きな時にいくらでも働く事ができます。
しかし、不特定多数の人に簡単に業務を委託するスタイルは、低賃金をさらに加速させ、また企業は労働者を雇う必要がないので、安定雇用の弱体化など弊害がいくつも出ているのも事実です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事