クライアント(client)

クライアントとは「取引を行う相手(個人・グループ)」のことを指します。社会人として働いている時に、『取引先』という言葉は聞きなじみがあると思います。営業の人が外回りをするときなど『取引先に挨拶してきます。』ということを言っていますよね。『取引先』でなくても『依頼をした人』や『顧客』など、業界によって呼び方は違うでしょうが、自分もしくは会社と取引をしている相手のことを「クライアント」と呼ばれます。今回はそんなクライアントについて説明します。

[adstext]
[ads]

クライアントの意味とは

クライアントは「自分や会社が取引をしている相手」のことを指す言葉です。多くの会社が取引を行っていると思います。そういった時に相手方のことをクライアントと呼んでいるのではないでしょうか。現在自分たちと取引をしている相手だから『取引先 = クライアント』となります。他にも『クライアント証明書』という単語も聞いたことがあるかもしれません。先ほどまで取引先のことと話していたクライアントですが、ネットワークでは意味が少し変わります。ネットワークではデータなどを利用する側のパソコンや端末機器のことをクライアントといいます。そしてクライアント証明書は、使用するパソコンなどにインストールを行うことで、パソコンの持ち主が誰なのかを明確にすることが可能になっています。クライアント以外は見れないようにしたい場合その証明書をインストールされているパソコン以外では閲覧をできないようにするなどセキュリティ面でも使われます。

クライアントの由来

クライアントは英語の「client」が由来になっている言葉です。語源は古代ローマ時代に使われていたラテン語の『クリエンティス』と呼ばれる貴族の保護を受けている平民の言葉が語源になります。英単語は『client』の『clin』は寄りかかるという意味を持ち、『ent』は人やモノという意味を持ちます。それらが合わさった言葉なので『client』は『頼りにしてくる人』という認識になり。今使われているようなクライアントになりました。過去を見てしまうと少し今使われている意味とは離れていますが、今はあくまでも取引先や依頼人に対して使う言葉なので、気にせず使いましょう。

クライアントの文章・例文

例文1.昼からクライアント先に向かわなければならない。
例文2.今日のクライアントは話を聞いてくれた。
例文3.クライアントの意向ばかりを組んではいられない。
例文4.クライアントの接待がある。
例文5.このクライアントだけは逃すわけにはいかない。
様々な「クライアント」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

クライアントの会話例

  • 質問者アイコン

    今日の夜はご飯いらないよ

  • 回答者アイコン

    どうかしたの、また飲み会?

  • 質問者アイコン

    うん、クライアントの人に誘われたから行ってくる。

  • 回答者アイコン

    わかった、一応帰ったら食べれるものラップしておいておくね!

夫に飲み会が入った夫婦の会話です。

クライアントの類義語

「クライアント」の類義語には、「買い手」「お客様」などの言葉が挙げられます。

クライアントの対義語

「クライアント」の対義語には、「提供者」「ホスト」などの言葉が挙げられます。

クライアントまとめ

クライアントとは「自分や会社が取引をしている相手」のことを指す言葉です。自分に対して頼ってくる人がいればその人もクライアントと呼んでも問題はありません。ですが基本的には取引をしている相手の事をクライアントと呼びます。今は取引先よりもクライアントという言い方をする人も増えていると思うので、自分も使ってみようと思ったら使ってみてもいいと思います。ネットワークに関してのクライアントは意味が変わりますのでお気を付けください!

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事