キャパシティ(capacity)

「キャパシティ」とは、容量や、収容能力のことです。ビジネスだけでなく日常でも用いられることの多い言葉で聞き馴染みのある方も多いのではないでしょうか。それでは、「キャパシティ」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

キャパシティの意味とは

「キャパシティ」の意味は以下の通りです。
・(会場などの)収容能力
・容量
・物事を受け入れる能力
よく略した言葉で「キャパ」と言われ、余裕がないときは「キャパオーバー」などと言われています。

キャパシティの由来

「キャパシティ」の由来は、そのまま「capacity」という英語からきています。「capacity」は容量などという意味があり、それがそのまま日本語として使われるようになりました。

キャパシティの文章・例文

例文1.自分のキャパシティを超える業務量だ。
例文2.会場のキャパシティぎりぎりの来客数でイベントも大盛況だ。
例文3.キャパシティを超えるデータ量で、PCが重くなってしまった。
例文4.自社のキャパシティでは、この案件は抱えきれない。
例文5.まだまだキャパシティに余裕がある。
「キャパシティ」についての例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

キャパシティの会話例

  • 質問者アイコン

    新人のAさんの教育をお願いしたいんだけどいいかな?

  • 回答者アイコン

    はい、任せてください。

  • 質問者アイコン

    いきなり色々と教えすぎるとキャパシティを超えてしまうかもしれないから気を付けてね。

  • 回答者アイコン

    わかりました。

会社内で新人教育をお願いしている様子です。キャパシティを超えないようにと注意されていますね。

キャパシティの類義語

「キャパシティ」の類義語は、「容量」「体積」などです。

キャパシティまとめ

「キャパシティ」とは、容量や収容能力などのことでした。仕事においては、自分が仕事を受ける時であっても、他人に仕事を与える場合であっても、それぞれのキャパシティを理解することが大切ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事